これで日米野球の見どころ選手が分かる!出場が決定した大物メジャーリーガーたちをご紹介!

  • 2014/10/2
  • これで日米野球の見どころ選手が分かる!出場が決定した大物メジャーリーガーたちをご紹介! はコメントを受け付けていません。

メジャーリーグでは、ポストシーズンがいよいよ開幕

世界一を巡る一ヶ月に渡る長き戦いの火蓋が切って落とされました。そして日本とアメリカ。それぞれで頂点を巡る争いが10月に行われます。


2014年はそれだけでは終らない

11月には、8年ぶりに野球が日米野球が開催されます。「侍JAPANに誰が選出されるのか?」と同時に、「メジャーリーグからはどんな野球選手がやってくるのか?」と胸躍らせている方も多いことでしょう。今回は、10月1日時点で日米野球への出場が決まっている7人のメジャーリーガーを紹介します!

 

アルバート・プホルス(ロサンゼルス・エンゼルス)

残念ながらプホルスの来日はかなわぬことになりました…

  • メジャーデビューした2001年から10年連続3割30本100打点を記録。
  • 今年、2500安打・500本塁打・1500打点を達成し、殿堂入り候補として名が挙がっている。
  • オールスター 9回出場

 

ロビンソン・カノ(シアトル・マリナーズ)

  • マリナーズ移籍1年目の2014年、打率.321 12本塁打 75打点
  • 第3回WBC、ドミニカ共和国代表としてMVPに輝く。
  • 各ポジションで最も優秀な打者に贈られるシルバースラッガー賞を二塁手として5度受賞
  • オールスター 6回出場

 

ヤシエル・プイグ(ロサンゼルス・ドジャース)

  • 2012年にキューバから亡命後、ドジャースと7年総額4200万ドル(約41億)の大型契約を結ぶ。
  • 昨年6月メジャーデビューし、打率.319 19本塁打でチームをプレーオフに導く。
  • 2014年 オールスター出場

アダム・ジョーンズ(ボルティモア・オリオールズ)

  • 2014年、打率.281 29本塁打 96打点
  • ゴールデングラブ賞を3回受賞
  • オールスター 4回出場

 

ジャスティン・モーノー(コロラド・ロッキーズ)

  • 2014年、打率.319でナショナル・リーグ首位打者で輝く
  • 2006年アメリカン・リーグMVP
  • オールスター 4回出場

 

ホセ・アルテューベ(ヒューストン・アストロズ)

  • 2014年、打率.341・225安打・56盗塁
  • 2001年のイチロー以来となる、首位打者・最多安打・盗塁王の同時受賞を達成。
  • 今年大ブレイクを果たした身長168センチの小さな大打者。
  • オールスター 2回出場

 

プライス・ハーパー(ワシントン・ナショナルズ)

  • 2012年、19歳にして打率.270 22本塁打でアメリカン・リーグ新人王に輝く。
  • 次世代のスーパースター候補として期待がかかる21歳
  • オールスター 2回出場

両リーグ首位打者、MVP候補常連、殿堂入り候補、若手注目選手。歴史的にも凄いメンバーになりそうな今年のメジャーリーグ選抜。7人の豪華な顔ぶれを見ると、今後出場が発表される選手たちにますます期待がかかります!


記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさんは普段、どのように野球の情報を仕入れていますか? 野球に関する様々な意見を発信しているG-T…
  2. 2019/3/7

    「122対0」
    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定という…
  3. プレッシャーに向き合った等身大のヒーロー 高校3年生の原選手はドラフト直前にプロ入りを拒否し大学進学…
  4. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  5. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
ページ上部へ戻る