河川敷グラウンドに大きな変化が!?時代の流れを感じさせる草野球の3つの変化

  • 2014/11/12
  • 河川敷グラウンドに大きな変化が!?時代の流れを感じさせる草野球の3つの変化 はコメントを受け付けていません。

現代草野球は更なる進化を遂げている?

全国に500万人いるとされる草野球プレーヤー。平日の忙しさから解放され、グラウンドに集い、白球を追いかける永遠の野球小僧たち。野球人気が低迷していると懸念されたこともありましたが、野球はまだまだ根強い人気で、草野球は野球好きたちが思い切り楽しむ絶好の機会となっています。しかし、現代における草野球は年々進化を遂げ、新たな文化が生まれて言えると言えます。今回は『現代草野球』の3つの変化を取り上げてみました。

スポンサードリンク

 

1.道具にお金を惜しまない

草野球の道具の変化と言えば、やはりビヨンドマックスなどの高反発バットの台頭でしょう。30000円前後するものもあるこの高反発バットですが、グラウンドを覗いてみると、1チームに1本ペースで見かけることも。強豪チームとなると、3、4本持っていることもあります。皆のナイスバッティングを支えるために、チームのメンバーでお金を出しあっているのでしょうか。また、こだわりのオーダーグローブやユニホーム、サングラス、バッティング手袋、リストバンドなど、プロ顔負けの装備品をつけて試合に挑む選手も多く見かけます。より格好良く、そして良いプレーをするためにお金を惜しまない!という選手、チームが続々といます。

スポンサードリンク

 

2.草野球チームがどんどんメディア露出!?

SNSの普及や人々のITの活用能力の向上により、情報発信は昔に比べてより多く、より簡単に行えるようになりました。そんな現代では、チームの活動の記録をTwitterやFacebook、ブログやホームページによって積極的に公開しているチームが増えています。中にはプロ野球の球団に負けないくらい格好良いページや、頻繁な更新を行っているチームもいます。毎試合の活動の記録を残すことで、充実した草野球の思い出作りを行っていると言えるでしょう。

3.親子鷹も続々と!?年代の壁を越えたチーム編成!

草野球人気!とはいうものの、やはり「人数集め」はどのチームも悩みの種の一つです。その問題を解消しようと、息子を連れてきたり、後輩を連れてきたりと、チームの構成は多様化しています。お父さんがそれぞれの子供を連れてきて、そのままチームの世代交代をもくろむチームもちらほら。年に差があったとしても、グラウンドに立てばあまり関係なくなるのも、草野球の魅力なのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

筆者は毎週末にグラウンドに出向き、年間1,000チーム以上に話しかけてきました。各チームの草野球をより楽しむための工夫が、『現代草野球』の進化に繋がっていると思います。

あなたのチームはどんな風に草野球を楽しんでいますか?

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球球団 芝中おーたず GM
       Saito Club GM
       上柚木トランシーバーズ GM

目標:55歳まで現役バリバリでプレーすることを目指す!(現在23歳)

「野球談義でさらに盛り上がれる!」
 「野球の新しい面白さに出会える!」 
   そんな記事をお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 必殺仕事人!左のワンポイントリリーフはもう古い? 対左のスペシャリスト、ワ…
  2. 本気の選考で清宮・安田・金成の夢のクリーンナップが見れるか 第4回WBCでは無敗で準決勝に乗り込ん…
  3. [fl_top] 恵体の選手たちが1年目からチーム内競争を巻き起こす! 大学からは田中正義投手・…
  4. 一時は完全断絶状態だったプロとアマ。徐々に雪解けへと向かうが・・・ 元プロ野球選手はアマチュア選手…
  5. 高校野球から撤退 大阪府高野連は3月29日、PL学園高校(大阪)から脱退届が提出され、受理したと発…
ページ上部へ戻る