チャンス到来!スポーツビジネスを経験したい・就職したい人はどうすればいい??


日本のスポーツビジネスにチャンス到来!?

これから数年間、日本のスポーツビジネスはチャンスかもしれません。2020年に東京オリンピック開催に向けていろいろな準備を行う中で、様々な変化が生まれるからです。でも、スポーツビジネスに携わりたい、でもどんな仕事なのかよく分からない、どうやってなれるのか分からない、という人も多いのではないかと思います。

スポンサードリンク

今回はそんなちょっとよく分からないようなスポーツビジネスについて考えてみたいと思います!

 

そもそもスポーツビジネスって何?

スポーツ関連の会社には

  • スポーツチーム
  • スポーツ用品メーカー・物販
  • スポーツメディア
  • スポーツ施設

などがあります。

その中のスポーツチームをとってみても

  • チーム運営(GM、監督、コーチ、選手、トレーナー)
  • マーケティング・広報
  • スタジアム運営
  • ファンクラブ運営
  • スクール運営

など、役割は多岐に渡ります。

スポンサードリンク

 

 

 

どうやってなるの?

選手や監督・コーチ、トレーナーとなるとちょっと違ってきますが、それでも通常は求人募集に応募して、採用試験を受けて入社、という他の産業と同じ流れです。しかし実際はごく少ない募集に対して応募が殺到するので、多くは一般に募集を公開せず関係者からの紹介のみであったり、ごく限られた期間のみ募集をする、など、なかなか狭き門になる傾向があります。

そういった中で、比較的わかりやすい道としては、スポーツビジネスが学べるスクールに入り、そこでスポーツビジネスの様々な知識を学び、そこからスポーツビジネスの世界に進む、というものです。

 

どんなスポーツビジネスのスクールがあるの?

以下、スポーツビジネスを扱っている代表的なスクールをいくつか調べてみました。

 

バンタンスポーツアカデミー

www.vantan-sports.com

バンタンスポーツアカデミーについて   Vantan Sports Academy   バンタンスポーツアカデミー

デザイン系のスクール事業を展開しているバンタングループが、スポーツ事業のスクールとして開校したもので、2014年4月に開校したばかりの出来立てホヤホヤのスクール。

「スポーツ × デザイン」をコンセプトに、スタイリッシュに表現し、スポーツをより身近なものにしていく

「スタイリッシュスポーツ!」というコンセプトでデザインの力でスポーツ業界のイメージを明るいもの、身近なものにして、見ることもやることも楽しめるような環境を作れる人材育成を目指すとのことです。ナイキ・アディダスなどの外資スポーツメーカーとも繋がりがある人なども講師陣に交え、幅広くも実践的な知識・経験を得られるカリキュラムになっているようです。

WEBサイトはこんな感じです。

 

 

東京スクール・オブ・ビジネス

www.tsb-yyg.ac.jp/campaign/sports/

スポーツ業界で仕事をするために必要な知識と技術を学べる専門学校で、在学時から企業と連携し、スポーツイベント運営や商品開発に携われ即戦力となる人材を育てているとのこと。デサント、ニューバランスアスレチックス、ヴィクトリア、アシックスジャパンなど就職実績が豊富で、インターンシップなども充実しているようです。

 

東京スポーツレクリエーション専門学校

www.tsr.ac.jp

スポーツトレーナー、インストラクターのプロを目指す専門学校ということで、どちらかというとスクール事業やトレーナーとしての道を目指す人向けかと思います。WEBサイトのデザインが凝っているので、広報にも力を入れている印象です。専門学校ですので、卒業後は専門士という学位が取得できることもあり、奨学金などの制度で就学を支援してもらえるのは大きいと思います。

 

スポンサードリンク

スポーツビジネス自体の求人数はまだまだ少ない

なりたいという人(希望者)の数と、求められる人(スキル修得者)の数のバランスが悪く、しかしその分、他の産業に比べると、求められる人に偏って求人が集まるという状況です。これから東京オリンピックに向けて施設の増加・拡充、競技人口の増加などチャンスが広がっていくことが想像されます。ですので、産業自体も大きくなることが見込まれますので、求人数も増えていくと思います。

もしスポーツビジネスに携わりたいという思いがありましたら、今からアクションを起こすとチャンスをいち早く手に入れられるかと思いますので、ぜひ挑戦してみてください!

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
G-TIMES編集長

G-TIMES編集長総合編集長

投稿者プロフィール

野球に関する様々な情報・意見を発信するサイトG-TIMESの編集長です。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る