豪華甲子園スターが集結!過去5年の高校生U18侍ジャパンの成績を振り返る

  • 2016/9/1
  • 豪華甲子園スターが集結!過去5年の高校生U18侍ジャパンの成績を振り返る はコメントを受け付けていません。

競った後には手を組んで U-18大会Vを目指す

8月21日、甲子園が栃木・作新学院の優勝にて幕を下ろしました。

そして30日より、今度は「第11回BFA U-18アジア選手権」が開催されます。これまでお互いに高校野球の頂点を争ってきたスター選手たちが集まり、世界を相手に戦います。

それに先立ち、今回はこれまでの5年間、U-18の日本代表がどのような結果を残してきたのか紹介します。

スポンサードリンク

2015年 第27回U-18野球ワールドカップ 2位

第1ラウンド・第2ラウンドともに全勝で通過。

しかし、決勝ラウンドのアメリカ戦では1-2で敗北。準優勝という結果になりました。

なお、この大会のオールスターチーム(大会ベストナイン+最優秀救援投手)として、先発投手に佐藤世那投手(仙台育英→オリックス)、捕手に堀内謙伍選手(静岡高→楽天)、三塁手に篠原涼選手(敦賀気比→筑波大)、遊撃手に平沢大河選手(仙台育英→千葉ロッテ)、外野手に勝俣翔貴選手(東海大菅生→国際武道大)か選ばれるという大健闘を見せました。

スポンサードリンク

2014年 第10回U-18アジア野球選手権 2位

予選ラウンドは3試合とも相手を0封、打線も2ケタ得点を記録。準決勝のチャイニーズタイペイ戦は3-2と勝利。決勝戦の韓国戦は1-2で敗北。どちらも接戦で、結果は準優勝でした。

この年の日本代表には、高橋光成投手(前橋育英→埼玉西武)、岡本和真選手(智弁学園→巨人)、淺間大基選手(横浜高→日本ハム)らがいました。

 

2013年 第26回U-18野球ワールドカップ 2位

第1ラウンドを1位通過、第2ラウンドを2位通過し決勝戦に臨んだ日本ですが、アメリカ相手に2-3と敗戦。準優勝に終わりました。

大会のオールスターチームには、先発投手の安樂智大投手(済美高→楽天)、救援投手に山岡泰輔投手(瀬戸内高→東京ガス)、捕手に森友哉選手(大阪桐蔭→埼玉西武)が選ばれました。

スポンサードリンク

次ページ:>>藤浪、森友哉の大阪桐蔭バッテリーの2012年

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
  2. 草野球プレーヤーへのヒントにも 全国3,000校以上が凌ぎを削る、高校野球の頂点を決める夏の甲子園…
  3. キューバ代表・『サントスの衝撃』マネしてみよう! 打つ直前に走り出す、通称「走り打ち」。2017年…
  4. 「プロ野球の歴史の中で最高の投手は誰?」 この議論の際、前人未到の通算400勝を記録した金田正一投…
  5. これからさらに流行る!?要チェック! 人が使っていない野球用具を使いたい!人より目立つ道具を使いた…
ページ上部へ戻る