超個性派揃い!?『史上最強の一番打者』『浪速の春団治』85年阪神日本一を支えた5選手

  • 2015/11/12
  • 超個性派揃い!?『史上最強の一番打者』『浪速の春団治』85年阪神日本一を支えた5選手 はコメントを受け付けていません。






伝説の3連発トリオだけじゃない!役者揃いのVメンバー

今から30年前の1985年、球団創設以来、初めて日本一に輝いた阪神タイガース。この時の阪神の中心メンバーは何と言っても3番バース選手、4番掛布選手、5番岡田選手の強力クリーンアップでした。

3人合わせて129本のホームランを叩きだしたこのクリーンアップは最大の魅力でしたが、このチームを支えたのはこの3人だけではありません。そこで、今回は1985年阪神の日本一に貢献した5選手を紹介したいと思います。

スポンサードリンク


 

真弓明信

1979年にクラウンライターライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)からトレードで加入すると、1983年には首位打者を獲得。

1985年には打率.322、ホームラン34本、84打点の好成績を残し、『史上最強の一番打者』と呼ばれました。この年には落合博満氏以来となる3つの異なるポジション(遊撃手、二塁手、外野手)でのベストナインを受賞しました。

 

平田勝男

1981年にドラフト2位で阪神へ入団。阪神不動の遊撃手として、1984年から4年連続でゴールデングラブを獲得した守備職人。同じく阪神の名遊撃手として活躍した、吉田義男監督にもその守備力を絶賛されました。

1985年シーズンは『七番遊撃手』として一時期は打率トップに立つなど、攻撃面でも貢献し、25個の犠打を記録しました。

 

佐野仙好

1973年にドラフト1位で阪神に加入した。入団当初は三塁手だったが、同期入団、掛布雅之の台頭により左翼手へコンバートされ、持ち前の打撃力を発揮しました。

1985年シーズンは強力クリーンアップの後ろである『六番左翼手』のレギュラーとして13本塁打を記録しました。チャンスに強く、優勝を決めたヤクルト戦では同点犠飛を上げるなど『恐怖の六番バッター』として優勝に貢献しました。

スポンサードリンク


 

中西清起

1983年ドラフト1位で阪神入団。入団1年目からリリーフとして活躍し、翌1985年シーズンには山本和行との『ダブルストッパー』として11勝19セーブを挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得しました。

水島新司氏の漫画『球道くん』の主人公、中西球道にちなんで『球道くん』の愛称で親しまれました。指導者としては久保田、ウィリアムス、藤川球児の『JFK』を確立し、2003年、2005年の阪神優勝に多大なる貢献を果たしました。

 

川藤幸三

1967年ドラフト9位で阪神入団。『浪速の春団治』の愛称で親しまれた阪神の名物プレイヤー。主に代打の切り札として縦縞一筋18年、記録よりも記憶に残る選手でした。

1985年シーズンは首脳陣と選手を繋ぐ『ムードメーカー』としてもチームに貢献。MVPを獲得した主砲バースには、将棋を教えながらコミュニケーションを図り、チームから孤立させませんでした。

 

他にも『いぶし銀』が揃った85年阪神タイガース

以上の5選手を取り上げましたが、他にも中西と同じく『ダブルストッパー』の異名をとった山本和行投手や、正捕手としてチームを支えた木戸克彦選手、さらにルーキーとして入団してきた和田豊選手など『いぶし銀』と呼べる面々が並びました。強力クリーンアップが注目されがちですが、1985年の阪神は3人以外にも魅力溢れる選手がいた伝説のチームと呼べるでしょう。

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
井本 佳孝

井本 佳孝

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ愛知県出身/AB型/
【好きなチーム】
阪神タイガース
ニューヨーク・ヤンキース

【得意ジャンル】
プロ野球
MLB

【ライター実績】
『サッカーキング・フリー』原稿執筆
『サッカーキング・オピニオン』ライター
無料歌詞検索サイト『Utaten』コラム執筆


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る