意外な展開!?一体どこへいく?折れたバットの第2の野球人生

  • 2014/8/31
  • 意外な展開!?一体どこへいく?折れたバットの第2の野球人生 はコメントを受け付けていません。






折れたバットその行く末は?

木製バットは年間で約10万本以上のされて消費されていると言われています。木製バットは、ひびが入ってしまったり、折れてしまっては使用することは出来ません。そんな折れて使用することが出来なくバットは、どこへ向かっているのでしょうか?以前は焼却処分されることが多かった折れたバット。しかし、近年ではバットも「第2の野球人生」を送っているとのこと。その行方を追ってみました。

スポンサードリンク

破損バットの変身〜兵左衛門の取り組み〜

兵左衛門という箸メーカー企業が、バットの再利用商品をユニークなネーミングで数多く販売しています。

 

「かっとばし!!」:箸。持ち手が木製のスプーンやフォークも販売されています。

 

「ブルぺん」:持ち手が木製のボールペン

 

「ベンチ」:箸置き

 

「すべりこみ」:靴べら

兵左衛門のバット素材を再利用した商品の売上の一部は「アオダモ資源育成の会」を通じ、アオダモの植樹・育成に使用されるそうです。バットのリサイクル活動により、アオダモの資源保護と新たなバットの生産に役立てる。まさに、バットの第2の野球人生は、未来の野球のために捧げられていくのです。

スポンサードリンク

 

引退記念品に折れたバットで出来た椅子!?

ニューヨーク・ヤンキースで通算652セーブを挙げる活躍をしたマリアノ・リベラ投手は昨年度のミネソタでの引退セレモニーの際に、敵チームであるツインズから折れたバットで作られた椅子をプレゼントされました。リベラ投手は現役時代、高速カットボールを武器に打者のバットを幾度となく粉砕してきました。その圧倒的なピッチングを称えて記念品として授与されたのです。「ブロークン・ドリームス」と名付けられたこの椅子。これもまた、洒落たリサイクルであると言えるでしょう。

 

 

想い出のバットをサングラスのフレームに!

スポーツ用品メーカーであるルイスビル・スラッガー社がアメリカのアイウェアブランドであるShwoodと手を組み、使用していない想い出のバットを、サングラスのフレームとして使用し、オシャレなサングラスとして蘇らせるプロジェクトを行っています。元々バット作りを中心に創業し、ルイスビル・スラッガー社。創業130年を記念してバットのリサイクルを企画したのです。愛用していたバットが、サングラスに姿を変え、暮らしの中で再び持ち主の愛用品として帰ってくるのです。

 

 

スポンサードリンク

知ろう!広めよう!

野球は他のスポーツに比べ、道具によって資源を消費するスポーツだといえるでしょう。そんな野球を楽しむ私たちが、今後も野球を楽しむためには、資源の使い道も少しだけ頭に入れておく必要があります。使い終わったバットの有効活用を知り、そして多くの人に広めていくことで、野球界での資源の有効活用の流れが大きくなっていくでしょう。機会があればボールのその後も調べてみたいと思います!

もし何か良いリサイクル活動のアイデアがあれば教えてください!





記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球球団 芝中おーたず GM
       Saito Club GM
       上柚木トランシーバーズ GM

目標:55歳まで現役バリバリでプレーすることを目指す!(現在23歳)

「野球談義でさらに盛り上がれる!」
 「野球の新しい面白さに出会える!」 
   そんな記事をお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 必殺仕事人!左のワンポイントリリーフはもう古い? 対左のスペシャリスト、ワ…
  2. 本気の選考で清宮・安田・金成の夢のクリーンナップが見れるか 第4回WBCでは無敗で準決勝に乗り込ん…
  3. [fl_top] 恵体の選手たちが1年目からチーム内競争を巻き起こす! 大学からは田中正義投手・…
  4. 一時は完全断絶状態だったプロとアマ。徐々に雪解けへと向かうが・・・ 元プロ野球選手はアマチュア選手…
  5. 高校野球から撤退 大阪府高野連は3月29日、PL学園高校(大阪)から脱退届が提出され、受理したと発…
ページ上部へ戻る