レジェンドだらけでこれぞ夢の競演!2000年のオールスターメンバーを振り返る

  • 2016/7/20
  • レジェンドだらけでこれぞ夢の競演!2000年のオールスターメンバーを振り返る はコメントを受け付けていません。






球史に残るスラッガーが勢揃い

一年に一度のプロ野球の祭典、オールスターゲーム。そこには当然豪華なメンバーが揃いますが、その中でも「ミレニアム」2000年のオールスターはレジェンド揃いの、特別豪華なメンバーでした。

スポンサードリンク

両軍の第1戦スタメンと2000年の成績

オールセントラル

  1. センター 高橋由伸 打率.289 27本 74打点
  2. ショート 石井琢朗 打率.302 10本 50打点
  3. セカンド ローズ 打率.332 21本 97打点
  4. センター 松井秀喜 打率.316 42本 108打点
  5. ファースト ペタジーニ 打率.316 36本 96打点
  6. DH ゴメス 打率.289 25本 79打点
  7. レフト 金本知憲 打率.315 30本 90打点
  8. キャッチャー 古田敦也 打率.278 14本 64打点
  9. サード 仁志敏久 打率.298 20本 58打点

主な控え選手

  • 立浪和義 打率.303 9本 58打点
  • 山﨑武司 打率.311 18本 68打点
  • 新庄剛志 打率.278 28本 85打点
  • 清原和博 打率.296 16本 54打点

オールパシフィック

  1. センター イチロー 打率.387 12本 73打点
  2. ショート 松井稼頭央 打率.322 23本 90打点
  3. セカンド 小久保裕紀 打率.288 31本 105打点
  4. サード 中村紀洋 打率.279 39本 110打点
  5. DH ボーリック 打率.296 29本 102打点
  6. レフト T.ローズ 打率.272 25本 89打点
  7. ファースト 小笠原道大 打率 .329 31本 102打点
  8. キャッチャー 城島健司 打率.310 9本 10打点
  9. ライト 秋山幸二 打率.286 11本 32打点

主な控え選手

  • 松中信彦 打率.312 33本 106打点
  • 福浦和也 打率.297 7本 56打点

 

スポンサードリンク

試合はセントラルが3連勝と圧倒!

第1戦 5-4 オールセントラルの勝利

オールパシフィックが2回表に秋山のタイムリーで先制するも、その裏にペタジーニ選手のソロでオールセントラルが追いつく。5回にオールパシフィックが勝ち越したものの、その直後に高橋由伸選手のタイムリー、ローズ選手のツーランでセリーグが3点勝ち越します。

終盤にオールパシフィックも追い上げるも、8回裏にペタジーニ選手のこの日2本目のソロホームランで突き放し、オールセントラルが逃げ切り第1戦を勝利で飾りました。

  • 本塁打 (セ)ペタジーニ 2本・ローズ (パ) 小久保
  • MVP ペタジーニ:ホームラン2発を放つ活躍。

第2戦 12-4 オールセントラルの勝利

初回、オールセントラルが山﨑武司選手、高橋由伸選手のタイムリーで3点先制。その後も効果的に追加点を加え、8回にはオールスター記録となる7連打などで一挙7点を挙げます。

パリーグは8回まで無得点に抑えられ、9回に4点挙げるも、時既に遅し。しかし、この試合、イチロー選手が4打数4安打と1人奮闘し、日本最終年のオールスターで大いにファンを沸かせました。

  • 本塁打 (セ) 松井秀喜
  • MVP 山崎武司:3安打猛打賞、2打点の活躍。

第3戦 9-3 オールセントラルの勝利

オールセントラルが2回の表に清原選手のソロで先制。その後も効果的に追加点を加え、3-0で迎えた7回には清原選手のタイムリー、坪井選手のスリーランなどで突き放します。またこの日は1番で出場した新庄剛志選手が5打数3安打1ホーマーの大暴れ。オールパシフィックはこの日も目立ったシーンは作れず、9回の裏にイチロー選手のスリーランで一矢報いただけでした。

  • 本塁打 (セ) 清原・坪井・新庄 (パ) イチロー
  • MVP 清原和博:1ホーマーを含む3打点の活躍。

やはりこの年は特別

毎年スターの祭典とされるオールスターゲームですが、今振り返ってもこの年のメンバーは特別豪華なように感じます。イチロー選手のスリーラン。お祭り男清原選手のMVP受賞。一般的にこの頃は打高投低の時代だったために、今では考えられないくらいみんな30ホーマー前後放っている選手も多いです。

今は今で160キロの大谷選手対トリプルスリー山田哲人選手などの興味深い対戦も見れますが、この年のメンバーは「ホームランこそ野球の華」というのを思わせてくれるのに十分なメンバーと試合内容でした。

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楡井直道

楡井直道

投稿者プロフィール

現都内大学三年生

プロ野球、プロボクシングの大ファン

最近はメジャーリーグも勉強中

スポーツライター目指してます。

野球に興味ある無しに関わらず、読みやすい!面白い!と思ってもらえるような文章書けるように頑張ります!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る