プロ野球はキューバ革命元年!2014年のキューバ人プレーヤーの1年目を振り返る

  • 2014/10/21
  • プロ野球はキューバ革命元年!2014年のキューバ人プレーヤーの1年目を振り返る はコメントを受け付けていません。

キューバの大物代表選手が次々と来日!

キューバの政府が自国のスポーツ選手の国外契約を許可したことで、キューバの大物代表選手が次々とやってきた2014年のプロ野球。キューバ選手の移籍までの流れは今後も変化していきそうですが、今年が大きな転換気になったことは間違いないでしょう。そんな2014年、注目の4人のキューバ人プレーヤーの活躍を振り返ってみました。

スポンサードリンク

レスリー・アンダーソン(読売ジャイアンツ)

87試合 打率.319 15本塁打 50打点

亡命前は代表選手にも選ばれていたアンダーソン選手。キューバ政府の「解禁」前の2013年に契約しました。広角に打ち分けるシェアなバッティングが評価され、来日1年目ながら開幕スタメンを果たします。4月30日の試合が終了時点で打率.378をマークし、巨人の第79代4番打者を任されるなど前半戦は大活躍。肘の怪我の影響で途中戦線離脱しましたが、終盤には復帰し、クライマックスシリーズでもクリーンナップを担いました。

フレデリク・セペダ(読売ジャイアンツ)

52試合 打率.194 6本塁打 18打点

国際経験豊富なキューバの4番は、巨人でも一軍登録即4番デビュー。第2打席でライト前へ初安打初打点となるタイムリーを記録します。ところが、その後は不振が続き、悔しさの残るシーズンとなりました。

スポンサードリンク

アルフレド・デスパイネ(千葉ロッテマリーンズ)

45試合 打率.311 12本塁打 33打点

キューバリーグのシーズン最多本塁打記録(87試合で36本塁打)を記録した大砲は7月にデビュー。出場試合数は45試合に留まるも、12本塁打は来季の活躍を期待させ、伊東監督も「デスパイネの残留が1番の補強」と話したほどです。ヒーローインタビューでの「デスパ」「いいね!」もファンに定着しつつあります。

ユリエスキ・グリエル(横浜DeNAベイスターズ)

62試合 打率.305 11本塁打 30打点

キューバの国民的英雄は、日本でも変わらぬ活躍を見せました。6月のデビュー戦でいきなり猛打賞。その後も走攻守に安定したプレーで、春先最下位に沈んでいたチームの巻き返しに貢献しました。

 

今後の動向に注目

どの選手も、来季のチーム残留が決定しておらず、今後の動向に注目が集まります。2年目の来季、キューバの選手たちはそのポテンシャルを最大限発揮し、プロ野球界に革命を起こしてくれるのでしょうか?

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球球団 芝中おーたず GM
       Saito Club GM
       上柚木トランシーバーズ GM

目標:55歳まで現役バリバリでプレーすることを目指す!(現在23歳)

「野球談義でさらに盛り上がれる!」
 「野球の新しい面白さに出会える!」 
   そんな記事をお届けしていきます!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 盗塁論に迫る プロ通算228盗塁、史上トップの盗塁成功率を誇る鈴木尚広氏(元巨人)。その走塁のスペ…
  2. 勝負の世界で活躍した父を持つ、妹思いの心優しき兄 福岡ソフトバンクホークスの2016年ドラフト2位…
  3. 近鉄監督就任2年で6位→優勝へ 梨田采配の何がスゴイの? 近鉄、日ハム、そして楽天。2017年も優…
  4. 赤カップ・ライナーバックの青グラブのあの選手は外せない! 2017年シーズン、楽天の則本昂大投手が…
  5. 松井野球教室
    松井秀喜さんから直接指導! 6月25日(日)に、読売ジャイアンツ球場で、松井55ベースボールファウ…
ページ上部へ戻る