あの人はどんな言葉を大事にしていた?プロフェッショナルなプレーと思考を支える「座右の銘」

  • 2014/8/5
  • あの人はどんな言葉を大事にしていた?プロフェッショナルなプレーと思考を支える「座右の銘」 はコメントを受け付けていません。

一流の選手に一流の思考

人生における自らの思考の中心となる「座右の銘」。厳しいプロでの闘いで勝ち抜くために、一流選手・監督達はどんな言葉を心の支えにしていたのでしょうか。


 

『目標がその日を支配する』
松坂大輔

 

『手習いは坂に車を押すごとし』
(学問や稽古事は少しでも油断すると、すぐ元に戻ってしまうことのたとえ)
川相昌弘

 

『やってみて、言ってきかせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ』
藤田元司

 

『人間万事塞翁が馬』
(人生の吉凶は変転し、予測できないことのたとえ。安易に出来事に一喜一憂すべきでないということ)
松井秀喜

 

『信汗不乱』
(一生懸命流した汗は裏切らない。仰木監督の造語)
仰木彬

 

『財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すを上とする』
(財産や業績を残すより、人材を残すことがその人間の価値になる。また人材を残せば財産や業績はついてくる)
野村克也

 

『快打洗心』
長嶋茂雄

 

『氣力』
王貞治

 

『万理一空』
(目標、やるべきことを見失わずにそれに励む)
桑田真澄

 

『夢』
星野仙一

 

『氣持ち』
田中将大

 

『一瞬に生きる』
小久保裕紀

 

『為せば成る』
野茂英雄

 

『耐雪梅花麗』
(梅の花は寒い冬に耐え忍ぶことで、春になれば1番麗しく咲く。人も試練を乗り越えずに成功はない。)
黒田博樹

 

『雑草魂』
上原浩治

 

『勝利の女神は些事にあり』
大谷翔平

 

 

自らの考えと行動、そしてプレーの指針ともなる選手達の「座右の銘」。
あなたのグッとくる選手達の「座右の銘」はありましたか?

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る