野球界は今、若い世代がスゴい!同じ歳での日米スーパープレーヤーを調べてみた






若手台頭中の日米球界!

大谷翔平投手や松井裕樹投手、山田哲人選手など、20代前半の若手プレーヤーの活躍が目立った2015年の日本プロ野球。実はメジャーでも、若手プレーヤーが活躍し、新たなスターへ名乗りを上げています。

今回は、山田哲人選手・筒香嘉智選手・柳田悠岐選手と同い年で大活躍を収めたメジャーリーガーを調べてみました。

スポンサードリンク


 

23歳:ブライス・ハーバー(ワシントン・ナショナルズ)

  • 1992年10月16日生まれ
  • 打率.330 42本塁打 99打点
  • 本塁打王


2010年にMLBドラフト全体1位でナショナルズに入団。2012年には19歳でデビューすると、その年にオールスター初出場、史上2人目の10代での20本塁打を果たします。4年目の2015年、ついにその才能が大きく開花しました。

 

23歳:山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

  • 1992年7月16日生まれ
  • 打率.329 38本塁打 100打点 34盗塁(トリプルスリー達成
  • 本塁打王・盗塁王

 

24歳:ノーラン・アレナド (コロラド・ロッキーズ)

  • 1991年4月16日生まれ 三塁手
  • 打率.287 42本塁打 130打点
  • 本塁打王・打点王・ゴールドグラブ賞(3年連続)

メジャーデビューの2013年にいきなりゴールドグラブ賞を受賞する守備に加え、2015年はバッティングでも魅せました。

スポンサードリンク


 

24歳:筒香嘉智 (横浜DeNAベイスターズ)

打率.317 24本塁打 93打点

 

27歳:ディー・ゴードン(フロリダ・マーリンズ)

  • 1988年4月22日生まれ 二塁手
  • 打率.334 4本塁打 46打点 58盗塁
  • 首位打者・盗塁王・ゴールドグラブ賞

両リーグ最多の205安打を放ち、2001年のイチロー選手以来の首位打者・最多安打・盗塁王・ゴールドグラブ賞の同時受賞を達成。2015年、メジャー屈指のリードオフマンに成長し、イチロー選手本人も、「若き日の自分を見ているよう」と語っています。

 

27歳:柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

  • 1988年10月9日生まれ
  • 打率.363 34本塁打 99打点 32盗塁(トリプルスリー達成
  • 首位打者・ゴールデングラブ賞

 

まだまだ伸び盛りの6選手!

いったいどこまで伸びていくのか、これからも若手選手の活躍に目が離せませんね!あなたのイチオシの若手選手は誰ですか?

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る