夢の対決!高校『侍』vs 大学『侍』の壮行試合で躍動したドラフト候補たちを一挙紹介!

ドラフト候補を一気にチェックできる一戦。来年以降も目が離せない

注目を集めた大学侍JAPANと高校侍JAPANの戦い。2016年で2度目となりました。2015年は大学代表の4番吉田正尚選手や高校代表の3番平沢大河選手、高山俊選手、オコエ瑠偉選手など、後のドラフト1位選手が躍動しました。2016年も、ドラフト候補の呼び声の高い選手たちが、期待通りの活躍を見せました。その中で一際光る活躍を見せたドラフト1位候補8人。この試合でどのような活躍を見せたのでしょうか?

スポンサードリンク

大学日本代表

佐々木千隼 (桜美林大)

大学でその名を轟かせた本格派右腕。最速153キロの速球と2種類のスライダー、ナチュラルシュートが持ち味です。高校日本代表打線を相手に、1安打こそ許したものの2回5奪三振無失点と格の違いを見せつけました。

桜美林大では先発として起用されて、通算13勝6敗の好成績。高校日本代表との試合では中継ぎもして2回を投げて5奪三振と先発完投もできて、中継ぎも任せられるので、プロ向きの投手と言えるのではないでしょうか。球団によっては守護神としての起用もありそうで、先発・中継ぎ・抑えのどのポジションでも放れる貴重な投手。投手陣に厚みを加えたい球団は多いので、ドラフトでは上位12人に間違いなく入ってくる選手だと思います。

スポンサードリンク

柳裕也 (明治大)

1997年の川上憲伸選手以来となるエース兼主将を務めています。140キロ台前半の直球と鋭く曲がり落ちるカーブ、カットボール、チェンジアップなどの多彩な変化球を高い精度で操り、イニング数を上回る三振を奪えるのが魅力的。4年春までにリーグ通算18勝をマークしています。高校日本代表との侍対決で先発し、強力打線を相手に2回4奪三振無失点の好投を見せました。

ドラフト1位の呼び声も高い柳選手。横浜高校時代の印象は、コンパクトなフォームから130キロ中盤から後半の直球と、縦のカーブを制球良く放っていて、甲子園も経験。”もうワンランク上を目指すなら球速を4.5キロ上げていきたい”という印象でした。柳選手は明大に進み、投手に必要な全ての面でパワーアップに成功。即戦力投手として、1年目から二桁勝利も期待できる選手だと思います。

スポンサードリンク

次ページ:>>俊足で走って打てるスラッガーの4番打者

ページ:

1

2 3 4
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る