右利きのあなたにこそ読んでほしい?!18の『サウスポーあるある』






シリーズ第17弾は「サウスポーあるある」

サウスポーはもちろん、右利きの人に特に読んで知ってほしい「あるある」を集めてみました。サウスポーにしかわからない苦労や思いを少しでも知ってもらえますように…

スポンサードリンク

 

  • 店頭にあるグラブの種類が圧倒的に少ない。

  • バッティングセンターで打てるケージが限られる。そして少し遅めの球速。

  • 右投げ左打ちと左投げ左打ちは条件がかなり違うと感じる。

  • ボール回しには基本的に参加しないと決め込んでいる。

  • 左利きというだけで驚きと期待が起こるチームは不安になる。

  • とりあえずピッチャーをやらされる。

  • 体型が細いとセーフティバントを警戒される。

  • チーム全体での素振りの練習ではだいたい 端の位置。

  • サード、ショート、セカンド、キャッチャーはもはや別のスポーツだと思っている。

  • バッティングピッチャーをやる時につい防護ネットの向きとボールケースの位置を入念に確認してしまう。

スポンサードリンク

  • 右バッターとペアになった場合のティーバッティングでのボールケースの移動がめんどくさい。

  • キャッチャーミットを借りて、新鮮な不器用感を味わって楽しむ。

  • 自分のグラブの型の良さを自慢できない。

  • バッターボックスが掘られているとだいたい誰なのかは特定できる。

  • 左利きを見ると謎の親近感。でも右でもある程度プレーできると分かると急に冷める。

  • 軸足、踏み出し足を、それぞれ右足なのか左足なのかを反転して考えないといけないので、野球の指導に苦労する。

  • 「サウスポー」をあだ名に組み込んでくる人はだいたいそこそこ年配。

  • 多少の苦労はあるけどもやっぱり左利きが好き。

 

スポンサードリンク


いかがでしたか?

まだまだこんなのもある というサウスポーの皆さん、是非あるあるを教えてください!





記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「コンディショニング科学」の観点から研究した結果、体重とスイング速度の関係よりも、除脂肪体重とスイ…
  2. ※書籍「超える技術」からの一部転載です 私が野球を始めたのは8歳からで、小学3年生の時である…
  3. 十六歳で野球で渡米しメジャーリーグを目指してアメリカ各地を転々としていたというサバイバル生…
  4. 本記事はSpotunityコラムからの転載です エリートのスポーツだった日本の野球 日…
  5. 本記事はSpotunityコラムからの転載です  地球儀を回してみると、赤道面より北に地理緯…
ページ上部へ戻る