夢の対決!高校『侍』vs 大学『侍』の壮行試合で躍動したドラフト候補たちを一挙紹介!

高校日本代表

寺島成輝 (履正社)

最後の夏にようやく全国の舞台に姿を現した履正社の剛腕。左腕から放たれるMAX150キロの剛球と、キレのあるスライダーが武器です。大学日本代表戦では1イニングを投げて、1奪三振無失点。

夏の甲子園、日本代表では、1年目から”1軍のマウンドに上げてみたい”と思わせる投球を見せてくれました。150キロ近い直球を外角、内角いっぱいを狙って放れる左腕で、ドラフトでは1位での一本釣り、重複指名があってもおかしくないでしょう。すぐにでも、起用が期待されそうですね。

スポンサードリンク

高橋昴也 (花咲徳栄)

2年夏の甲子園準々決勝では、優勝した東海大相模を苦しめました。3年春、夏と甲子園を経験し、高校日本代表入り。大学日本代表との対戦では、寺島選手と同じく、1イニングの登板で1奪三振無失点に抑えています。

2年夏時は、直球よりキレのあるフォークが目立っていた印象がありましたが、3年夏には、最速152キロの直球で三振を奪える剛球左腕という印象でした。高めのつり球で空振りを取れる投げっぷりはお見事。将来性を期待している球団もありそうで、2位、3位といった上位、中位で確実に指名されそうです。プロ入り後1年目はしっかり土台を作り、3年目で先発ローテーションを守れる選手になってもおかしくないですね。

スポンサードリンク

藤平尚真 (横浜)

中学時代はU15日本代表に選出されており、1年時から注目が集まっていた最速152キロ右腕。寺島選手と同じく最終学年の夏に、甲子園出場を果たし、最初で最後の甲子園では、初戦の東北戦で6回3分の2を投げて13奪三振を記録。大学日本代表との試合でも、1イニングを無失点に抑えました。

多少制球にバラつきがありますが、高卒で最速152キロ右腕と実績も抜群に残しており、藤平選手も1位指名の可能性がありそうです。ここ2年、高卒ドラフトを展開しているソフトバンクホークスや地元の横浜DeNAが上位指名してもおかしくありませんね。数年後にチームの中心として、勝ち続ける前田健太選手や田中将大選手クラスの投手になる素質を秘めています。

スポンサードリンク

次ページ:>>夏の甲子園 優勝投手!

ページ:
1 2

3

4
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさんは普段、どのように野球の情報を仕入れていますか? 野球に関する様々な意見を発信しているG-T…
  2. 2019/3/7

    「122対0」
    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定という…
  3. プレッシャーに向き合った等身大のヒーロー 高校3年生の原選手はドラフト直前にプロ入りを拒否し大学進学…
  4. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  5. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
ページ上部へ戻る