1年生から活躍!白熱の東京六大学で躍動の5人の日大三高V戦士たち

  • 2014/11/2
  • 1年生から活躍!白熱の東京六大学で躍動の5人の日大三高V戦士たち はコメントを受け付けていません。

大混戦の東京六大学野球!

立教の快進撃。そして、早稲田・慶應・明治の3校の優勝の行方を左右する早慶戦。東京六大学野球は実力の拮抗により、さらなる盛り上がりを見せています。甲子園球児や各県でその名を轟かせた選手たちが集う六大学野球の中で、存在感を見せる選手たちがいます。今回は、2011年、圧倒的な打力を誇り高校野球の頂点に立った日大三高出身の選手たちに注目してみました。

 

高山俊(明治大学)

  • 高3夏の甲子園では6試合で26打数13安打2本塁打、打率5割をマーク。
  • 大学1年春からスタメンで活躍し、ベストナインを3回受賞。
  • 2014年10月28日には、史上初めて3年時での大学通算100安打目を放ち、高田繁氏の持つ127安打の記録更新が期待されます。

スポンサードリンク

 

鈴木貴弘(立教大学)

  • ガッツ溢れる日大三高の正捕手として、センバツベスト4、夏の全国制覇に貢献。
  • 大学1年春から六大学デビューを果たします。
  • 2014年は正捕手として立教大学の快進撃を支えました。

 

畔上翔(法政大学)

  • 高3春のセンバツでは4試合で16打数11安打、打率.688をマーク。
  • アジアAAA選手権の日本代表でも主将として全勝優勝へチームを牽引。
  • 2014年11月7日から行われるアンダー21の侍JAPAN入りも果たしました。

スポンサードリンク

 

横尾俊建(慶應大学)

  • 高2夏から4番に座り、高校通算58本塁打。高校日本代表でも4番を任されました。
  • 2014年の秋季リーグ戦、リーグトップの3本塁打をマーク。
  • 谷田成吾選手とのリーグ屈指の3年生3、4番コンビに注目。

 

吉永健太朗(早稲田大学)

  • 高3夏の甲子園では、習志野戦と光星学院戦で完封勝利を収めるなど6戦6勝。
  • 大学1年春から最優秀防御率、ベストナインに輝く活躍。
  • 2014年は未だ0勝と苦しいシーズンが続き、復活が期待されます。

 

1年生から活躍する5人もいよいよ来年が大学最後の年。白熱した試合が続き、来季以降はよりハイレベルな混戦が予想される中で、彼らが見せてくれる集大成のプレーにも注目です!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 野球はいろいろ難しい.. ルールも複雑、役割もいろいろあったり、試合時間も長い..。そんな野球って…
  2. 初めての動画制作にもチャレンジ! サンフランシスコ短大在学中、日本に帰国して過ごす夏季休暇を利用し…
  3. [PR:MIZUNO] 選ぶ時間帯は夕方から夜! 打撃・走塁どちらを重視するかも選ぶ基準に! …
  4. メディア運用&コンテンツ制作で活躍した粂井さん サンフランシスコ短大在学中、日本に帰国して過ごす夏…
  5. 2017年6月 松井秀喜さん野球教室取材 G-TIMESでは、野球に関するオピニオン(意見)記事だ…
ページ上部へ戻る