グラブを変えてきたミズノの歴史〜展示会でさらなる変革を起こす新作グラブをゲット!?

【PR】MIZUNO

ミズノ展示会に特別潜入!

IMG_0869

普段は関係者以外は入れない展示会。 そんな展示会に今回は特別に参加し、 この秋にミズノから新しいグラブが発売されるというスクープをゲット!さらにはその新作グラブが貰えるイベントの開催もあるとか!?

話によると今回のグラブは、「グラブに大きな変革をもたらした」とのこと。ビヨンドマックスで軟式バットで大きな変革を起こしたミズノが、今度はグラブにも・・?!

IMG_0730

「デザインが斬新」 「めっちゃ軽いから、ハンドリング良くなりそう」 「試合で使ってみてもいいですか?」

思えばこれまでもミズノのグラブの歴史は、大きな「変化」の歴史でもありました。

ということで一度ミズノのグラブの歴史を振り返ってみたいと思います。

 

最初のグラブ

1913年、ミズノは野球グラブの販売をスタート。ミズノのグラブの進化の歴史は、ここから始まります。

CORP- Heritage and History
また、1917年の会社のロゴは、こんな感じ。

1917mark

今とはだいぶ違う印象ですね!

 

世界初のポジション別グラブ

今でこそ『ピッチャー用』『内野手用』と当たり前ですが、昔はそうではありませんでした。ミズノは世界で初めて『ポジション別グラブ』を開発したのです。当時、選手の要望に沿ってオーダーで製造していたところ、その要望がポジションごとに似ていることを発見。これをきっかけに、1974年に『ポジション別グラブ』の製造が始まりました。

 

赤カップ・Mマーク

1976年に発売開始となった『ワールドウィン』モデル。

CORP- Heritage and History

ロゴマークともう一つ、カップマークがグラブにつけられています。

カップマークは、当時のミズノのシンボルマークで、

  • 赤カップ=硬式野球
  • 青カップ=軟式野球
  • 緑カップ=ソフトボール

とジャンルによって分かれており、プロ野球選手が使用していた『赤カップ』グラブは、当時の野球人の憧れでした。

Mマーク

また、この時、ロゴもMマークに一新され、『ビッグエム』と呼ばれるロゴへとつながっていきます。

 

両投げグラブを世界で初めて開発

日本初のスイッチピッチャー 近田豊年投手、メジャー初のスイッチピッチャー グレッグ・ハリス投手の両投げ用グラブを開発したのもミズノでした。

CORP- Heritage and History

2人の投手のグラブを設計、開発したのは、グラブ作り名人の坪田信義氏。当時希少であった両投げ投手の要望に対しても、真摯に応え、歴史的な活躍を支えました。

2015年には再び、パット・ベ ンディット投手がスイッチピッチャーとしてデビューし、ミズノ社の両投げグラブにスポットライトが当たりました。

 

ロゴ一新

2006年以降、『ビックエム』と呼ばれたMマークから、
現在の『ランバード』へと統一されていきました。

CORP- Heritage and History

2GN33101

ちなみにこの『ランバード』のマークは、

「宇宙が無限に広がっていくように、スポーツにも躍動や広がりを」

という意味が込められています。「ビックエムを使っていた、懐かしい!」という世代はたくさんいるでしょう。

ここからミズノの進化がさらに加速します。

 

グローバルエリート

2009年8月9日、『野球の日』に登場した『グローバルエリート』。

プレーヤーがグラブに求める大きな要素である軽量感と高い操作性を追求し実現させたものとなりました。

これまでのグラブより約50グラム軽量化。さらに「人間は先端が軽い方が軽く感じる」ということから、指先に近くなるほど軽くなる設計がされています。また、ポジションごとにポケットの形を変えることで、捕球時により力が伝わりやすくなる高い操作性も兼ね備えています。

2GN36000

ちなみに『グローバルエリート』というブランド名は、「日本人メジャーリーガーやWBCで の侍ジャパンの活躍を背景に、野球プレーヤーが世界を視野に夢を描いて欲しい」という思いが込められている そうです。

mizunohistory

「今までにない圧倒的な軽量感を実現させた。」

と開発担当の方が語り、野球道具にこだわる選手たちが

「斬新なデザイン、表面が全然違う。」

と驚いているのが印象的でした。

そんな新しいグラブが、この秋発売されるとのこと。100年以上の歴史の中で、野球道具、そしてグラブを変革してきたミズノ。そのミズノがグラブにさらなる変革を起こしたということなのです!

発売が待ちきれません・・!

IMG_0581

「ぜひ練習・試合で試してみて、感想を聞かせて欲しいです」

そんな中、今秋発売予定のこのグラブが、なんと発売前に手に入るチャンスが!?

last

「新作グラブ体験会」開催決定!

ミズノ新作グラブを無料でもらおう!

MIZUNO×G-TIMES

未公開グラブで一早くプレーしよう!新作グラブ体験会

〜今までない軽量感とデザインを実際に体験〜

ビヨンドマックスで軟式バットを変革したミズノが、今度はグラブを変えた!?
今秋発売予定の新作未公開グラブをミズノ公式モニターとしてあなたも一早く体験してみませんか?

キャッチボールとミニゲームで実際に使ってみよう!

参加者には全員新作グラブを贈呈します!

応募はこちらから!

taikenkai

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球チーム 芝中おーたず GM
       上柚木トランシーバーズ GM


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  2. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  3. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
  4. 草野球プレーヤーへのヒントにも 全国3,000校以上が凌ぎを削る、高校野球の頂点を決める夏の甲子園…
  5. キューバ代表・『サントスの衝撃』マネしてみよう! 打つ直前に走り出す、通称「走り打ち」。2017年…
ページ上部へ戻る