「世界の代打男」「最も速い球を投げた投手」〜阪急ブレーブス70年代黄金期を支えた5選手

  • 2015/7/1
  • 「世界の代打男」「最も速い球を投げた投手」〜阪急ブレーブス70年代黄金期を支えた5選手 はコメントを受け付けていません。






最強軍団

10年間でリーグ優勝6回、 シーズン合計739勝。そして、3年連続日本一。1970年代、圧倒的な強さを誇ったチームがあったことをご存知でしょうか。

その名も「阪急ブレーブス」。

当時黄金期にあった阪急ブレーブスの選手を見てみると、「これは凄い…」と思わず唸るような名選手ばかり。今回は、そんな1970年代に阪急ブレーブスで活躍した偉大な5人の選手を紹介します。

スポンサードリンク

 

高井保弘

  • 守備に難があり、代打での起用が多かったが、相手投手のクセを見抜く観察力と卓越したバットコントロールを武器に1970年代から活躍し始めた。積み重ねた27本の代打本塁打は現在も世界記録となっている。
  • 当時指名打者制のなかった日本プロ野球であったが、高井選手の活躍を目にしたアメリカ人記者の提唱により、導入が検討されることになった。
  • 1975年に指名打者制度が導入されると先発出場が増え、1979年には打率.324をマーク。1978年から2年連続3割20本塁打という成績を残した。

 

佐藤義則

  • 「東都大学リーグ22勝」の実績を引っさげ、1977年ドラフト1位で入団すると、1年目途中からローテーションに定着し、7勝1セーブの活躍で新人王に輝く。その年の日本シリーズでは王手をかけた大事な第5戦でも登板した。その後78年から2年連続で二桁勝利を挙げた。
  • 当時最年長となる40歳でのノーヒットノーランを1995年に達成。また、引退まで140キロ代のストレートを投げ続けるなど、息の長い投手であった。
  • ダルビッシュ有投手が田中将大投手に対して「ヨシさん(佐藤)の言うことは間違いない」とアドバイスを送るほどの信頼を得ており、2人を球界のエースへと成長させる効果的な指導をした名投手コーチである。

スポンサードリンク


 

山口高志

  • 初速と終速の差が小さいストレートを武器に、「日本プロ野球史上最も速い球を投げた投手」と言われてる。当時のエースであった山田久志投手は「終速150km/hだ」ともコメントしている。
  • 1978年にリリーフに転向し、 投球の大半がストレートという真っ向勝負スタイルのクローザーとして、その年に最優秀救援投手に輝いた。
  • 引退後は指導者として活躍。藤川球児投手に右ヒザを伸ばすフォーム改造をアドバイスした結果、「火の玉ストレート」の投げ手として大ブレイクした。

 

加藤秀司

1970年代の10年間で打率3割越えが8度記録し、首位打者を2度獲得(73年打率.337・79年打率.364)。1121試合に出場し、1233安打・219本塁打・打率.314。70年代で最も活躍した選手打者のの一人である。

阪急ブレーブス打線の3番打者を任されていたが、あまりのチャンスの強さに、次を打つ4番長池徳士選手に「加藤はすごくチャンスに強くて、あいつがみんな走者を返してしまうので、そこで打つなよと言いたくなる時もあったよ」と言わしめた。

 

米田哲也

プロ野球歴代1位の949試合登板・626試合先発登板。その驚異のスタミナと強靭な身体から「ガソリンタンク」「人間機関車」という愛称が付けられていた。

デビュー2年目の1957年にいきなり21勝をマークし、そこから長きにわたり阪急のエースとして君臨。1957年から1975年まで19年連続の二桁勝利、8度の20勝以上と勝ち星を積み重ね、歴代2位の通算350勝を挙げた。

 

他にも伝説の選手が

「史上最高のアンダースロー」と称され、通算284勝を挙げた山田久志投手や、通算1065盗塁の「世界の盗塁王」福本豊選手…この5選手に加えて、今なお「伝説」として語り継がれるような、偉大な選手がまだまだいたと考えると、もはや恐ろしいチームであったことでしょう。

スポンサードリンク


改めて阪急ブレーブス、そしてプロ野球の歴史を紐解いてみると面白いかもしれません!

(※1973年以降、パシフィック・リーグは年間130試合を65試合で前後期に分けた「2シーズン制」を導入していました。 )

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球チーム 芝中おーたず GM
       上柚木トランシーバーズ GM


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る