3年連続名門対決、好投手続々登場、超機動力野球〜2014年夏の甲子園 2回戦ハイライト

  • 2014/8/20
  • 3年連続名門対決、好投手続々登場、超機動力野球〜2014年夏の甲子園 2回戦ハイライト はコメントを受け付けていません。

熱戦続く夏の甲子園

名門対決や好投手の活躍が目立った2回戦。そんな夏の甲子園2回戦を振り返ってみました!


二松学舎大付 7-5 海星

5回途中からリリーフし、無失点の好投を見せた左腕・大江と3安打2打点の捕手・今村の活躍1年生コンビが活躍!先発全員安打のチーム一丸となった試合展開で二松学舎大付が夏の甲子園初勝利を挙げた。

盛岡大付 4-3 東海大相模

「150キロ 54発」の二刀流・松本と「140キロカルテット」の東海大相模投手陣の対決。松本は投げては初回に先制を許すもぬかるんだマウンドの中でも多彩な変化球を投げ分けるクレバーなピッチングを見せる。打っては逆転の口火となるツーベースを放ち、チームの勝利に貢献。東海大相模の投手陣は先発・青島の3回までに8奪三振の快投を含む3投手で15奪三振を記録するも、あと一点及ばなかった。

沖縄尚学 3-1 作新学院

「琉球のライアン」沖縄尚学・山城が3安打14奪三振の快投!県予選6試合で23盗塁の作新学院自慢の機動力も封じる圧巻のマウンドさばきを見せた。


大阪桐蔭 5-3 明徳義塾

3年連続の対戦となった名門校同士の好カード。大阪桐蔭は好投手・岸から10安打5得点を奪う攻撃力で打撃戦を制した。4度目の甲子園となった岸が9回2アウトからレフトへ放った2ランは高校野球ファンの記憶に残るものとなった。

素晴らしいプレーとドラマの数々

城北の末次監督のリリーフ・スクイズの的確な采配、健大高崎の11盗塁の超機動力野球、富山商の左腕・森田の2試合連続完投勝利、東海大四の西嶋投手の快投実らず…など聖地・甲子園で様々な素晴らしいプレーとドラマを見せてもらいました。


いよいよベスト16が出揃った夏の甲子園。これから更なるドラマが待っていることでしょう!

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田 将来

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

《球歴》
・芝園イーグルス (少年野球)
・芝中 軟式野球部
・早稲田実業 硬式野球部
 2年秋からマネージャー
・草野球チーム 芝中おーたず GM
       上柚木トランシーバーズ GM


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 チーム全員分の昇華ユニフォームがオーダー無料! チームの象徴、ユニフォー…
  2. 佐々木監督も絶賛する最速140キロ右腕!センバツに期待 大谷翔平投手のエンゼルス移籍の話題で賑わう…
  3. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  4. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  5. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
ページ上部へ戻る