どうやってなるの?軟式野球の審判員になるまで

意外と情報がない『審判員』

野球の試合をするときに、欠かせない役割が野球の審判員ですよね。そして野球にかかわれる限られた仕事のひとつでもあります。そこで今回は、軟式野球の審判員のなる方法の一つのパターンを紹介します。


  1. 在宅在勤の市町村の軟式野球連盟に問い合わせ、申し込む(55歳以下の制限のある連盟もあり)
  2. 道具を準備する(個人負担、連盟支給もあり)
  3. 経験を積む(少年野球の試合の審判、塁審の経験など)
  4. 地区の審判講習会を受講(だいたい年一回4月開催)
  5. その後試合にて実践、講習を重ね 主審も行う。
  6. 何年か経験を積み、市町村からの推薦を受ける
  7. 県の軟式野球連盟の審判員試験を受け、合格すると審判員に登録する

県の審判登録には、10年もかかる場合も

公式戦の審判の年齢が高めなのも、短期間ではなれないからなんですね。一方、若い方が審判になれる仕組みができるといいですよね。

みなさんは、どう思いますか?


記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Yukina.

Yukina.

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. インターンシップ
高校、大学と野球部のマネージャーをやっていました。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大事なのは、「流れを作る声」と「準備のための声」 「コーチ、声はなんで出さなきゃいけないんですか?…
  2. KWBボールの大会が一新!各都道府県の選抜チームが激突することに 先日、毎年夏に開催されていた「U…
  3. イチローだからこそ語れる、響く5つの名言 マリナーズからヤンキース、マーリンズへと渡り歩き、そして…
  4. 5年連続受賞の「打撃の良い投手」の成績は?! 投打に鮮烈なデビューを飾った大谷翔平選手。その活躍を…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る