『死のロード』ってなに?過去の実績からみる本当の戦い

  • 2014/8/26
  • 『死のロード』ってなに?過去の実績からみる本当の戦い はコメントを受け付けていません

死のロード

高校生のための夏の甲子園大会が開催される期間、阪神タイガースは甲子園球場での試合を行わず、長期的なロードの試合を戦うこととなります。ホームである甲子園で試合を行うことが出来ず、長い遠征を強いられます。そして、厳しい戦いが続き、過去にはこの時期に負けが先行してしまい、上位争いから脱落してしまうことがありました。そのため、この時期は「死のロード」呼ばれていました。


「もう『死のロード』なんて言うな」

しかし、2002年に星野監督の一言で、メディアなどでは「長期ロード」という呼ばれ方をすることが多くなりました。また、現在は京セラドームにて主催試合を行うことが出来るため、長期遠征による「死のロード」の印象も薄まりつつあります。

実際の戦績は?

2013年、巨人と首位争いを演じた昨年の長期ロードとその後の戦績

  • 長期ロードの成績:14勝9敗
  • 9,10月の成績:10勝18敗2分け

長期ロードは6つの貯金を挙げたものの、その後に大きく失速し、2位に終わります。

2005年の戦績

  • 長期ロードの成績:10勝9敗1分け
  • 9,10月の成績:19勝6敗1分け

長期ロードではほぼ五分の戦い。9、10月にラストスパートをかけ、リーグ優勝を勝ち取りました。

 


本当の戦いは「死のロード」後の秋にあり

昨年、そしてリーグ優勝を果たした2005年を比べると、長期ロードがシーズンの失速の原因と単純には結論づけられないことが分かります。2003年も長期ロードでは負け越しています。むしろ、長期ロード後の9、10月の戦いでシーズンの順位に命運が左右されるようです。長期ロードはファンにとって応援しずらい期間のためもどかしい気持ちになることもあってか、シーズンの成否に影響を与えている印象が強いのかもしれません。

 

今年は長期ロード最後が首位攻防戦!

今年の長期ロードの戦績は8月24日試合終了時点で10勝8敗とまずまずの成績を収めています。そして、26日からは長期ロード最後の3連戦に巨人との首位攻防戦が控えています。昨年も同じく長期ロードの最後の3連戦に巨人と首位攻防戦が行われました。昨年は巨人に3連敗を喫し、その後の首位争いに大きく響くこととなりました。


巨人との3連戦、そして9、10月の阪神タイガースの戦いに目が離せません!

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田 将来

投稿者プロフィール

GiGAthlete inc. Marketing

2006年夏の甲子園決勝再試合。
斎藤佑樹投手に憧れ、早稲田実業硬式野球部に入部。
2年秋からマネージャー兼助監督

大学1年時から株式会社ギガスリートにインターンとしてジョイン。
草野球リーグG-LEAGUEの飛び込みグラウンド営業や、
野球特化メディアの運用・記事執筆を担当。

大学卒業後、ギガスリートに新卒入社。

現在は、ビヨンドマックス ホームラン競争 企画・動画制作も行なっています。

Twitterでは、野球に関する様々な情報・意見もつぶやいています!
https://twitter.com/my_fyutya
フォローよろしくお願いします!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「コンディショニング科学」の観点から研究した結果、体重とスイング速度の関係よりも、除脂肪体重とスイ…
  2. ※書籍「超える技術」からの一部転載です 私が野球を始めたのは8歳からで、小学3年生の時である…
  3. 十六歳で野球で渡米しメジャーリーグを目指してアメリカ各地を転々としていたというサバイバル生…
  4. 本記事はSpotunityコラムからの転載です エリートのスポーツだった日本の野球 日…
  5. 本記事はSpotunityコラムからの転載です  地球儀を回してみると、赤道面より北に地理緯…
ページ上部へ戻る