1年夏からメンバー入り!大阪桐蔭のスーパー1年生 藤原恭大&根尾昴

  • 2016/7/4
  • 1年夏からメンバー入り!大阪桐蔭のスーパー1年生 藤原恭大&根尾昴 はコメントを受け付けていません。






初1番で先頭打者本塁打&初登板145キロ

春夏通算5度の優勝を誇る大阪桐蔭高校。全国屈指の名門校に、1年夏にいきなりメンバー入りを果たしたスーパー1年生がいることをご存知でしょうか?今回は、先日大阪大会のメンバーとして登録された、藤原恭大選手と根尾昴選手をご紹介します。

スポンサードリンク


 

藤原恭大 牧方ボーイズ→大阪桐蔭

藤原選手は、中学時代から名門牧方ボーイズで1番打者として輝かしい実績を残しています。

牧方ボーイズでの実績

2013年
選手権大会:優勝
ジャイアンツカップ:優勝
2014年
春季大会:ベスト8
選手権:優勝
2015年
春季大会:優勝
選手権:ベスト4
ジャイアンツカップ:1回戦

この輝かしい実績を引っさげて大阪桐蔭に入学。豪快なスイングながらも、ミート力を兼ね備えたバッティングを見せます。さらには、俊足・強肩。左腕から繰り出すストレートも140キロ近くの球速を誇ります。今後、二刀流としても期待がかかる身体能力抜群の選手です。

大阪桐蔭入学後の6月、沖縄県招待試合の豊見城戦で1番打者としてスタメン出場。いきなり先頭打者ホームランを放ちました。中学時代から全国大会の経験が豊富なだけあって、堂々たるプレーぶり。1番打者を務める3年生の中山遥斗選手と競い、1年夏からのスタメン出場する可能性も秘めています。

スポンサードリンク


 

根尾昴 飛騨高山ボーイズ→大阪桐蔭

中学時代から最速146キロの豪速球を誇り、「スーパー中学生」としてテレビでも特集されるほど注目を浴びていた根尾選手。野球だけでなく、スキーでも全国大会を優勝しており、抜群の運動神経を持っています。この根尾選手、ジュニアトーナメントにも中日ドラゴンズの一員として出場しており、最速130キロ近い球を放っていました。

小学時のソフトボール投げでは、89mを記録し、田中将大選手の67m、ダルビッシュ有選手の74mを大きく上回り、小学生記録を打ち立てています。さらに、中学時は生徒会長を務め、成績もオール5など学力も超優秀で学力、運動能力共に「スーパー中学生」と言われる理由が分かります。

最速145キロの豪速球を投げることで注目されますが、打者としても注目されており、大阪私学大会の大阪偕星学園戦では5番・ショートとしてスタメン出場を果たしています。招待試合の小豆島戦では、2番手として登板し最速145キロをマーク。「岐阜の怪腕」は「桐蔭の怪物」に着々と近づいています。

 

1年夏から聖地で見てみたい逸材

根尾選手は1年生ながら最速145㌔を計測し、打者としても非凡で「中田翔二世」としても期待がかかります。藤原選手は史上最強の呼び声高い身体能力を持ち、歴代の大阪桐蔭OB超えの期待がかかります。1年夏からベンチ入りを果たした2選手、スタメン出場はあるのか?聖地デビューはあるのか?楽しみにしたいところです。

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外木寿希也

外木寿希也

投稿者プロフィール

1996年/茨城県水戸市出身/AB型
『趣味』
野球観戦.草野球.筋トレ.ボクシング
茨城の高校野球展望・速報。
草野球チームに所属しています。

『好きな野球チーム』
阪神.DeNA.東洋大.青学大.常総.明秀.土日大.聖光.東邦.習志野

『ジャンル』
高校野球が主です。
プロ 大学 社会人野球など幅広く挑戦しています。

『目標』
野球等のスポーツ分野をメインでライティング、次世代プレイヤーを支援できるライターを目指しています。読者の皆様が納得でき、何度も読み返したくなる、説得力のある記事を書いていけるように頑張ります。

今年の茨城 イチオシ選手はプロ入りの兄を超えれる素材 明秀日立 細川拓哉選手です。投打に存在感を見せる2年生です。ぜひチェックを!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 野球はいろいろ難しい.. ルールも複雑、役割もいろいろあったり、試合時間も長い..。そんな野球って…
  2. 初めての動画制作にもチャレンジ! サンフランシスコ短大在学中、日本に帰国して過ごす夏季休暇を利用し…
  3. [PR:MIZUNO] 選ぶ時間帯は夕方から夜! 打撃・走塁どちらを重視するかも選ぶ基準に! …
  4. メディア運用&コンテンツ制作で活躍した粂井さん サンフランシスコ短大在学中、日本に帰国して過ごす夏…
  5. 2017年6月 松井秀喜さん野球教室取材 G-TIMESでは、野球に関するオピニオン(意見)記事だ…
ページ上部へ戻る