通算511勝の怪腕!?伝説の大投手サイ・ヤングってどんな投手?

  • 2016/1/28
  • 通算511勝の怪腕!?伝説の大投手サイ・ヤングってどんな投手? はコメントを受け付けていません。






メジャー史上最も多く投げ、最も多く勝った投手

通算511勝316敗、防御率2.63、2803奪三振?!

歴代最多勝利記録をはじめ、不滅の大記録を数々持つサイ・ヤング投手。その名は「サイ・ヤング賞」として、現在でもその年一番輝いたピッチャーに贈られる賞の名前として残っています。サイ・ヤング投手とは一体どんなピッチャーだったのでしょうか?

スポンサードリンク


 

『サイ』クロンのような速球

威力のある速球とドロップを武器に、17歳の時に既にセミプロチームに入団していたデントン・トゥルー・ヤング投手。ある試合での暴投が木製のバックネットを破壊し、その日以来ヤングの速球は「サイクロン(竜巻)」と呼ばれるようになり、「サイクロン・ヤング」というニックネームに。その後に略されて「サイ・ヤング」と呼ばれるようになりました。サイ・ヤングは本名ではなかったんですね。

 

デビュー3年目に36勝 初めてのタイトル受賞

プロ入り当初のヤングは初年度こそ9勝と苦しみましたが、翌年から徐々に本領を発揮します。

3年目:36勝 12敗 48完投 9完封 防御率1.93 168奪三振

25歳となった3年目には圧倒的な成績で最多勝・最優秀防御率のタイトルを手にしました。

 

ア・リーグ初の完全試合達成

創設されたばかりのアメリカンリーグのボストン・アメリカンズへ移籍したサイヤングは、移籍1年目の1901年に投手三冠(33勝 158奪三振 防御率1.62)を獲得すると、37歳となった1904年にはアメリカン・リーグ初の完全試合を達成。その後もエースとして君臨し続け、草生期のリーグの人気を支えました。

スポンサードリンク


 

44歳まで投げ続け、数々の大記録を打ち立てる

  • 15年連続300イニング登板
  • 20勝以上15回・30勝以上5回
  • 最多勝 5回 最優秀防御率 2回 最多奪三振 2回
  • メジャー歴代最多 先発登板(815)完投(749)勝利(511)敗戦(316)対戦打者(2955)投球回(7356)被安打(7092)自責点(2147)

サイ・ヤング投手は年齢を重ねてからも常に第一線で活躍し、42歳となった1909年にも19勝・防御率2.26をマーク。44歳までメジャーリーグでプレーしました。

 

偉大なる「サイ・ヤング賞」

入団当初からは豪速球を武器に圧倒的な成績を残し、年齢を重ねてからもマウンドに君臨し続け、勝ち星を積み重ねたサイ・ヤング投手。2016年、そんな伝説の大投手の名が付けられた「サイ・ヤング賞」の受賞を、田中将大投手や前田健太投手をはじめ、メジャーリーグで戦う日本人投手たちに期待しましょう!

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. みなさんは普段、どのように野球の情報を仕入れていますか? 野球に関する様々な意見を発信しているG-T…
  2. 2019/3/7

    「122対0」
    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定という…
  3. プレッシャーに向き合った等身大のヒーロー 高校3年生の原選手はドラフト直前にプロ入りを拒否し大学進学…
  4. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  5. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
ページ上部へ戻る