カテゴリー:プロ野球

  • あなたが注目する若手ピッチャーは?ブレイク予想『投手編』

    次世代のエース候補生たちの成長曲線に注目 若手選手が続々と台頭しつつあるプロ野球。今回は、2016年ブレイクが期待される4投手二注目してみました。4投手ともに、入団直後からプロの世界を体感し、試…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プロへの登竜門!社会人野球『都市対抗』出身の5選手を紹介!

    社会人野球で着々と力をつけ開花した5選手 高校・大学は無名だった選手が、社会人の門を叩き、ドラフト候補へ。そんなサクセスストーリーのきっかけとなるのが「都市対抗野球」。今や、球界を代表する選手と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 夢の実現の新しい選択肢!四国アイランドリーグplus 経由→ NPB行きの選手たちを一挙紹介!

    首位打者獲得・侍ジャパン入りも 独立リーグで活躍しNPBを目指す、そんな夢の実現の新しい選択肢として確立されつつあります。2015年もNPBでは四国アイランドリーグplus経由選手が多数います。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 戦力外からメジャーへ!夢に挑み続ける『村田透』ってどんなピッチャー?

    戦力外通告からメジャーへ 近年、メジャーリーグ移籍はオフシーズンの当たり前の事となってきました。2016年の目玉はなんといっても広島東洋カープからロサンゼルス・ドジャースに移籍した前田健太投手。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ピンチからチャンスに一転!戦力外からメジャーへ 中後悠平が挑戦する夢

    26歳の変則サウスポー、アメリカへ 千葉ロッテマリーンズで中継ぎとして活躍後、BCリーグに戦いの場を移したと思われた中後悠平投手ですが、思いもよらない形でアメリカ挑戦が決まりました。日本プロ野球…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プロの舞台へ再び!夢を諦めずプロ野球復帰を目指す独立BCリーグ選手たち

    もう一度あの舞台に立つことを目指して 新たにNPBを目指す選手たちだけでなく、NPBへの復帰を目指す選手たちも活躍する場となったBCリーグ。もう一度「プロの舞台で活躍する」ことを目指す3人のB…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 哀しき中に笑いあり。懐かしの『昭和パ・リーグあるある』30選

    昭和のプロ野球を彩った面白エピソードの数々! かつてのプロ野球界には「人気のセ・実力のパ」という言葉が存在し、その名の通りセ・リーグとパ・リーグには大きな雰囲気の違いがありました。今回は昭和を中…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 打率”5割”?!兄妹で首位打者?!女子プロ野球を盛り上げる3人の安打製造機

    野球シーズンが始まる! 今年はセ・パ両リーグ同時開幕となっていますが、それより一足先に女子プロ野球が開幕します。今回は、女子プロ野球界の3人の安打製造機をご紹介します。 過去5年間のリーグ首位打者…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『最後の300勝投手』から『ミスターフルスイング』まで!近鉄バファローズ・6人の名選手

    ナニワが生んだ個性派軍団 1949年に「近鉄パールス」の名前で結成され、2004年まで存在したのが「近鉄バファローズ」です。阪神タイガース、南海ホークス、阪急ブレーブスと並ぶ関西の名物球団として…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 終戦後ホームランの魅力を伝えた『和製ベーブルース』大下弘ってどんなバッター?

    心優しきホームランバッター「ポンちゃん」 戦後の日本を元気にした赤バットの川上哲治、物干し竿の藤村富美雄、そして、青バットの大下弘。 戦後初の柵越え本塁打・7打数7安打・170m弾…など、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. みなさんは普段、どのように野球の情報を仕入れていますか? 野球に関する様々な意見を発信しているG-T…
  2. 2019/3/7

    「122対0」
    過去最高得点差!? 現在高校野球では地方予選において神奈川を除いて決勝以外はコールドゲーム規定という…
  3. プレッシャーに向き合った等身大のヒーロー 高校3年生の原選手はドラフト直前にプロ入りを拒否し大学進学…
  4. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  5. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
ページ上部へ戻る