山田哲人が継承!ヤクルト歴代背番号『1』の選手を振り返る

  • 2015/12/22
  • 山田哲人が継承!ヤクルト歴代背番号『1』の選手を振り返る はコメントを受け付けていません。






『ミスタースワローズ』が継承してきた背番号『1』

2015年のプロ野球シーズンを沸かせた主役の一人が、ヤクルトスワローズの山田哲人選手です。ソフトバンク・ホークスの柳田悠岐選手と共に史上9人目のトリプルスリーを記録しただけでなく、プロ野球史上初の本塁打王と盗塁王のタイトルを同時受賞し、セリーグMVP獲得と、まさに記録ずくめのシーズンでした。

そんな山田選手が来季からヤクルトの背番号『1』を新たに背負うことが発表されました。

ヤクルトの背番号1は、歴代のヤクルトを背負ってきたスター選手が付けてきた重みのある背番号です。そこで、歴代の背番号1を背負ってきた名選手を紹介したいと思います。

スポンサードリンク


 

若松勉(1971年~1989年)

背番号

  • 57(1971年)
  • 1(1972年~1989年)

主な記録・表彰

  • MVP(1978年)
  • 首位打者(1972年、1977年)
  • 正力松太郎賞(2001年)
  • 野球殿堂競技者表彰(2009年)

ヤクルト一筋19年、数々の記録を打ち立ててきた『ミスタースワローズ』若松勉選手です。1年目からレギュラーに定着し、2年目となる1972年に背番号を1に変更すると、打率.329で首位打者を獲得しました。

その後も歴代3位のとなる12回の3割を記録するなど、『小さな大打者』として活躍しました。ヤクルトの背番号1がスター選手の番号と呼ばれるようになった、パイオニア的存在と言えるでしょう。

 

池山隆寛(1984年~2002年)

背番号

  • 36(1984年~1991年、2000年~2002年)
  • 1(1992年~1999年)

主な記録・表彰

  • ベストナイン5回(1988年~1990年、1992年~1993年)
  • 5年連続30本塁打(1988年~1992年)
  • 3割30本(1990年) *遊撃手としては、野村謙二郎、松井稼頭央の二人が達成

豪快なフルスイングを持ち味とし、『ブンブン丸』の愛称で親しまれた池山選手です。1989年に背番号1を背負っていた若松選手が引退し、1988年から4年連続の30本塁打という実績を買われて1992年シーズンからヤクルトの背番号1を背負いました。1990年代は野村克也監督の元、4回のリーグ優勝と3回の日本一に大きく貢献しました。

スポンサードリンク


 

岩村明憲(1997年~2006年、2013年~2014年)

背番号

  • 48(1997年~2000年、2013年~2014年)
  • 1(2001年~2006年)

主な記録・表彰

  • ベストナイン2回(2002年、2006年)
  • ゴールデングラブ6回(2000年~2002年、2004年~2006年)
  • WBC日本代表(2006年、2009年)

前任者の池山選手から2001年シーズンに背番号『1』を継承したのが岩村選手です。2000年シーズンにレギュラーに定着し、2001年から背番号1を背負うと、リーグを代表するバッターに成長し、2004年には当時のチーム最多となる44本塁打を記録しました。

2006年、2009年のWBCでは日本代表の一員として連覇に貢献し、2007年からはメジャーリーグへ移籍するなどヤクルトから世界へ羽ばたいた選手の一人です。

 

青木宣親(2004年~2011年)

背番号

  • 23(2004年~2009年)
  • 1(2010年~2011年)

主な記録・表彰

  • 首位打者3回(2005年、2007年、2010年)
  • シーズン200安打2回(2005年、2010年)*プロ野球記録
  • WBCベストナイン1回(2009年)

山田選手の背番号1お披露目会見に登場したのが、ヤクルト背番号1の前任者、青木宣親選手です。2005年、2007年に首位打者に輝くなど実績十分で、球団からは背番号1への変更を要請し続けていましたが、青木選手が時期尚早であると断り続けていました。

しかし、2010年に満を持して背番号1を背負うと、自身3回目となる首位打者に輝きました。2012年からは岩村選手に続いて活躍の場をメジャーリーグへ移し、来シーズンはシアトル・マリナーズへの移籍が決まっています。

 

近年はメジャー移籍が目立つ背番号『1』。山田選手も続くのか!?

以上ヤクルトの背番号『1』を背負ったスター選手4人を紹介してきました。1990年代以降にメジャーリーグへの移籍選手が増え始めると、ヤクルトの背番号1を背負った岩村選手、青木選手と近年はメジャーリーグへ移籍するケースが増えてきています。

スポンサードリンク


来シーズンからヤクルトの背番号1を背負う山田選手ですが、将来的なメジャーリーグへのステップアップも期待されます。大きな飛躍を遂げて迎える来シーズン以降どのようなプレーを見せてくれるのか、期待です!

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
井本 佳孝

井本 佳孝

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ愛知県出身/AB型/
【好きなチーム】
阪神タイガース
ニューヨーク・ヤンキース

【得意ジャンル】
プロ野球
MLB

【ライター実績】
『サッカーキング・フリー』原稿執筆
『サッカーキング・オピニオン』ライター
無料歌詞検索サイト『Utaten』コラム執筆


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  2. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  3. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
  4. 【PR:MIZUNO】 予想&実戦検証!新ボールで試合をしてわかったこと 新軟式ボールM号が発売…
  5. 小学生〜高校生の野球人口が激減している 筆者が小学生だった頃、男子生徒のクラブ活動といえば野球かサ…
ページ上部へ戻る