実は過去にもいた!?大谷翔平が目指す二刀流の歴代挑戦者!

注目を集める男

今、日本のプロ野球は1人の男に注目が集まっている。二刀流に挑戦中の大谷翔平である。ルーキーイヤーから二刀流で成績を残していた彼は、2年目の今シーズンも投打ともに素晴らしい成績を残している。昨日行われたオールスターゲームでは最速162キロ(オールスター最速記録)をマークするなど、成長著しいばかりである。

そんな彼にちなんで、歴代の二刀流選手を紹介していこう。


 

二刀流選手たち

景浦将(1936~43)

おもに二刀流として活躍したのは36.37年の2年間だけだったが、最優秀防御率と最高勝率のタイトルを獲得し、二刀流と呼ぶのに申し分のない成績をおさめた。

通算成績

 野手成績

安打307本 打率.271 本塁打25本 222打点

 投手成績

56登板(先発20) 27勝9敗 投球回274.1回 防御率1.57

獲得タイトル

  • 首位打者1回
  • 打点王 2回
  • 最優秀防御率 1回
  • 最高勝率 1回

 

野口次郎(1939~53)

投手としては実働12年で通算237勝をあげ、いくつものタイトルも獲得。野手としてはタイトルこそないが、当時の日本プロ野球記録である31試合連続安打を記録した。

通算成績

 野手成績

安打830本 打率.248 本塁打9本 368打点

 投手成績

517登板(先発321) 237勝139敗 投球回3447.1回 防御率1.96

獲得タイトル

  • 最優秀防御率 2回
  • 最多勝 1回
  • 最多奪三振(当時連盟表彰なし)1回

 

関根潤三(1950~65)

プロ入り後8年間は投手としてプレーし、通算65勝をあげた。故障もあり、野手へ転行。通算1137本のヒットを放ち、野手としても活躍した。

通算成績

 野手成績

安打1137本 打率.279 本塁打59本 424打点

 投手成績

  登板244(先発157) 65勝94敗 投球回1345.1回 防御率3.43

獲得タイトル

  • 首位打者 1回
  • 打点王 2回
  • 最優秀防御率 1回
  • 最高勝率 1回

 

ベーブ・ルース(1914~1935)

あの大打者も実は二刀流だったのである。そして投手としても通算94勝をあげているのだ。

通算成績

 野手成績

  安打2874本 打率.342 本塁打714本 2217打点

 投手成績

  163登板(先発148) 94勝46敗 投球回1221.1回 防御率2.28

獲得タイトル

  • MVP 1回
  • 首位打者 1回
  • 本塁打王  12回
  •  打点王 6回
  • 最高出塁率 10回
  • 最高長打率 13回
  • 最高OPS 13回
  • 最多得点 8回
  • 最多四球 11回
  • 最優秀防御率 1回

 

その他、何名かの選手がいたりします。


 

それでもやっぱり凄い

投手だけ、打者だけ、に専念しても生き残るのが難しいプロの世界。その中で異彩を放ち輝いている大谷選手はやっぱり凄い。

 

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る