高校野球史にインパクトを与えたスラッガー!高校通算本塁打ベスト5はどんな選手?

  • 2016/5/20
  • 高校野球史にインパクトを与えたスラッガー!高校通算本塁打ベスト5はどんな選手? はコメントを受け付けていません。






驚異的な本数を引っさげ、どの選手も次のステップへ

高校生スラッガーの凄さを測る上で、一番注目されるのが「高校通算本塁打」です。長い高校野球の歴史の中で、歴代トップ5の通算本塁打を誇る選手たちは、一体どんな選手なのでしょうか。

スポンサードリンク


 

大島裕行 埼玉栄 高校通算本塁打86本

  • 大きな注目を浴びるきっかけとなったのが、高校2年時のセンバツ。現在ヤクルトに所属する沖縄水産高校の新垣渚投手から逆転ホームランを放ちました。
  • 高校2年で、第3回AAAアジア野球選手権大会日本代表にも選出。高校3年時は惜しくも鳥谷敬選手擁する聖望学園に敗れ、甲子園を逃しました。「埼玉の怪物」と呼ばれ、1999年のドラフトで、地元西武ライオンズから3位指名を受けました。現在は、スカウト担当編成部として活躍しています。

 

中田翔 大阪桐蔭 高校通算本塁打87本

  • 2005年の夏の甲子園。辻内崇伸投手(3年)、平田良介選手(3年)ら、投打で超高校級選手がいる大阪桐蔭で5番ファースト、さらに投げては147キロをマークし、スーパー1年生として目立つ活躍を見せていました。
  • 2年春の大阪大会で、大阪大会新記録となる4試合連続ホームランをマーク。甲子園で140メートル弾、秋季近畿大会の市川戦では、推定170メートル弾を放ち、本数だけではなく圧倒的な飛距離も誇っていました。高校通算87本塁打は大島裕行選手の記録を塗り替える当時の最多記録でした。
  • 4球団競合で日本ハムに1位指名を受け、現在は日本ハムの主砲、球界の主砲として活躍を続けています。

 

伊藤諒介 神港学園 高校通算本塁打94本

  • 高校入学直後から、主軸打者としてチームを牽引。2年秋は腰痛に悩まされながらも、チームは兵庫3位で近畿大会4強入りし、センバツ出場を果たしました。
  • 3年春のセンバツ初戦で勝ち越しソロホームランを放ち、自慢のパワーを見せつけました。3年夏は、県大会準決勝で逆転サヨナラ負けを喫し甲子園を逃すも、通算本塁打94本を引っさげ、プロからも高い評価を受けました。
  • 高校卒業後は、プロ志望届を提出せず法大に進学。リーグ通算打率.277、46安打、2本塁打、23打点の成績を残しました。卒業後は、社会人野球に進み、大阪ガスで腕を磨いています。

スポンサードリンク


 

黒瀬健太 初芝橋本 高校通算本塁打97本

  • 高校1年秋から正捕手としてチームを引っ張る。新人戦と二時予選計9試合で4本塁打。マークし、2年秋の練習試合では、5打数5本塁打と驚愕のパワーを見せました。
  • 大柄な体格ながら柔軟性も持ち合わせており、高校通算打率4割5分を記録。3年夏の県大会では6打数ノーヒットも、10球団のスカウトが視察に来るほどの将来性あるスラッガーです。
  • プロ志望届を提出し、ソフトバンクから5位指名を受けました。高校通算97本の強打の捕手として期待されます。

 

山本大貴 神港学園 高校通算本塁打107本

  • 神港学園入学後に、「縦振り打法」に出会い、才能が開花。伊藤諒介選手を上回るハイペースで本塁打を量産しました。
  • 当時のスイングスピードは158㌔で、メジャーでも活躍した松井秀喜氏の159㌔に匹敵するほどのスイングスピードを記録しています。プロも注目するほどのパワーでしたが、自分の力量を見極め、プロ入りを見送りました。
  • 高校野球史上ただ1人の100本超えで、高校野球界を賑わせたスラッガーは、JR西日本でさらなる高みを目指します。

 

ホームランは次のステージへの切符

ホームランを多く打ったからといって、プロで活躍できるという保証はありません。その後伸び悩む選手は少なくないでしょう。しかし、ホームランを打てば打つほど、上のステージに挑戦していける幅は、どんどん広がっていくように思えます。この先も、ホームランを量産する選手は出てくるでしょう。将来、球界を代表するほどのスラッガーが現れてくるか楽しみです。

スポンサードリンク

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外木寿希也

外木寿希也

投稿者プロフィール

1996年/茨城県水戸市出身/AB型
『趣味』
野球観戦.草野球.筋トレ.ボクシング
茨城の高校野球展望・速報。
草野球チームに所属しています。

『好きな野球チーム』
阪神.DeNA.東洋大.青学大.常総.明秀.土日大.聖光.東邦.習志野

『ジャンル』
高校野球が主です。
プロ 大学 社会人野球など幅広く挑戦しています。

『目標』
野球等のスポーツ分野をメインでライティング、次世代プレイヤーを支援できるライターを目指しています。読者の皆様が納得でき、何度も読み返したくなる、説得力のある記事を書いていけるように頑張ります。

今年の茨城 イチオシ選手はプロ入りの兄を超えれる素材 明秀日立 細川拓哉選手です。投打に存在感を見せる2年生です。ぜひチェックを!


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  2. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  3. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  4. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  5. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
ページ上部へ戻る