夏の甲子園優勝投手は名選手ひしめくプロ・社会人でも活躍できるのか!?

過去10年間で10人の投手が決勝進出→プロ入り

プロで活躍する選手の中に甲子園で活躍した選手は少なくありません。では、夏の甲子園優勝投手はプロではどうなのか。また、大学・社会人では通用するのか?過去10年の決勝進出した投手を振り返り、その中でも印象に残る5選手を紹介します!

スポンサードリンク

過去10年の夏の甲子園優勝・準優勝校とプロ入りした投手

  • 2015年 優勝:東海大相模 小笠原慎之介・吉田凌
        準優勝:仙台育英 佐藤世那
  • 2014年 優勝:大阪桐蔭
        準優勝:三重
  • 2013年 優勝:前橋育英 高橋光成
        準優勝:延岡学園
  • 2012年 優勝:大阪桐蔭 藤浪晋太郎
        準優勝:光星学院
  • 2011年 優勝:日大三
        準優勝:光星学院
  • 2010年 優勝:興南 島袋洋奨
        準優勝:東海大相模 一二三慎太(野手転向)
  • 2009年 優勝:中京大中京 堂林翔太(野手転向)
        準優勝:日本文理
  • 2008年 優勝:大阪桐蔭
        準優勝:常葉菊川
  • 2007年 優勝:佐賀北
        準優勝:広陵 野村祐輔
  • 2006年 優勝:早稲田実業 斎藤佑樹
        準優勝:駒大苫小牧 田中将大

スポンサードリンク

高校、大学時に日本一達成した右腕

斎藤佑樹 北海道日本ハムファイターズ

早稲田実業時代は、現在メジャーリーグで活躍する、田中将大選手との伝説の再試合を制して夏の甲子園優勝。早大でも1年生時から日本一に貢献し、世界大学野球選手権と日米大学野球選手権で、4年連続で日本代表に選出されています。

ドラフト会議では、4球団競合の末日本ハムファイターズに入団が決定。期待された1年目は、6勝6敗防御率2.69の記録を残しています。2年目で開幕投手という大役を任され、9回1失点で勝利を収めましたが、この年は5勝8敗と負け越しました。

3年目以降は1軍に定着できていませんが、2014年では2勝1敗、2015年に1勝3敗と1軍での戦績は悪くはありません。夏の甲子園優勝、大学選手権優勝のエリート右腕は、巻き返しを虎視眈々と狙っています。

スポンサードリンク

次ページ:>>甲子園初出場・初優勝の原動力となった2年生エース

ページ:

1

2
記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  2. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  3. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
  4. 【PR:MIZUNO】 野球シーズン真っ盛り! ユニフォームの新調をするチームも多いのでは?…
  5. 【PR:MIZUNO】 足元を制するものが、ホームランダービーを制す!? 2017年に東京・大阪…
ページ上部へ戻る