実は最も難しい!?スリーベースヒットの歴代記録に注目

  • 2016/5/26
  • 実は最も難しい!?スリーベースヒットの歴代記録に注目 はコメントを受け付けていません。






5年間で39三塁打の秋山翔吾に期待

野球の醍醐味の一つであるスリーベースヒット。滑りこむ走者の脚が勝るか外野からの送球が勝るか、まさに一瞬の攻防です。今回はスリーベースヒットにまつわる話をご紹介します。

スポンサードリンク


 

歴代最多の通算記録はやはりこの男!福本豊

歴代最多のスリーベースヒットを放っているのは、福本豊選手(阪急)で115本です。次いでイチロー選手(マーリンズ)が114本と日米通算で福本選手に1本差と迫っていますが、日本の数字だけに限ると今後しばらく抜かれることのなさそうな数字です。スリーベースヒットのトップ5(日本のみ)を見てみましょう。

  • 1位:福本豊(阪急)115本
  • 2位:毒島章一(東映)106本
  • 3位:金田正泰(阪神)103本
  • 4位:川上哲治(巨人)99本
  • 5位:広瀬叔功(南海)88本

スリーベースは一瞬の攻防になる機会が多いので、左打者の方が出やすいものです。しかし、5位の広瀬選手は右打者です。通算596盗塁の広瀬選手の俊足にかかれば、右打者でもスリーベースは量産できるということでしょうか。

日本での現役トップは松井稼頭央選手(楽天)の63本です。松井選手でも歴代ベスト5に入ることは難しそうですね。

 

三塁打率の現役トップはヒットメーカー 秋山翔吾

三塁打の本数では往年の選手が上位を独占していますは、三塁打率なら上位を狙えます。福本選手の三塁打率は76.04となっておりベスト20に入っていません。三塁打率のランキングを見てみましょう。

  • 1位:東谷夏樹(東映)46.03
  • 2位:蔭山和夫(南海)50.01
  • 3位:L.レインズ(阪急)50.68
  • 4位:松木謙治郎(阪神)51.69
  • 5位:永利勇吉(西鉄)51.97

1位の東谷選手は46打席に1本の三塁打です。単純計算すると12試合に1本くらいでしょうか。とても多いですね。現役のトップは秋山翔吾選手(西武)の62.91です。おおよそ15試合に1本くらいでしょうか。2015年も10本打っており、2016年も5月9日現在で2本です。現在はパ・リーグの方が球場も広いので、スリーベースは量産しやすそうですね。

スポンサードリンク


 

スリーベースにまつわる記録

2016年序盤に細谷圭選手(ロッテ)が3試合連続でスリーベースヒットを放ち、長嶋茂雄選手(巨人)の持つ4試合連続スリーベースの日本記録にあと一歩と迫ったのは記憶に新しいです。三塁打にまつわる記録は、他にはどのようなものがあるのでしょうか。

連続試合スリーベースヒット

4本 1960年 長嶋茂雄(巨人)

連続打者スリーベースヒット

3人 1955年阪急(河野旭輝、原田孝一、バルボン)

3人 1987年ヤクルト(荒井幸雄、渋井敬一、杉浦亨)

3人 1990年阪神(八木裕、高井一、鮎川義文)

1試合最多スリーベースヒット

6本 1946年セネタース

シーズン最多スリーベースヒット(個人)

18本 1951年金田正泰(阪神)

シーズン最多スリーベースヒット(チーム)

66本 1955年 阪急ブレーブス

 

スポンサードリンク


スリーベースヒットはホームランよりも出にくく、見ることが難しいものです。現地観戦で見ることができたら自慢できるかもしれませんね。歴代のスリーベースヒットアーチストに挑む秋山翔吾選手のスリーベースヒットに期待しましょう!

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cut

投稿者プロフィール

NPB、MLB、女子プロ野球、BCリーグetc…
国内は関東を中心として年間現地観戦数50試合ほど。
MLBは数年に一回現地観戦。普段はネットで観戦中。

FantasyBaseballが好きでYahoo.comにて毎年参戦中。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 【PR:MIZUNO】 ホームランアーティスト最大の敵「風」をものともせずGIGAKINGで25発…
  2. 【PR:MIZUNO】 柵越え66発!「スピンをかける」軟式野球のホームランの打ち方が変わる! …
  3. 驚愕の柵越え66発!ギガキングで場外アーチ連発! 今回で3回目の開催となったMIZUNO×G-LE…
  4. お待たせしました大阪のスラッガーの皆さん! 先日66本のアーチが飛び出した第3回 MIZUNO×G…
  5. [PR MIZUNO] 大変なのはキャッチャーとサード!?軟式野球も「打ち勝つ」野球へ! 201…
ページ上部へ戻る