強肩度合いは何で見る?4つの視点でプロ野球 肩力No.1を探ってみた

  • 2016/9/15
  • 強肩度合いは何で見る?4つの視点でプロ野球 肩力No.1を探ってみた はコメントを受け付けていません

 

③コメントから:新庄剛志

宇宙人と呼ばれた選手野球センスの塊。当時監督でもあったノムさんもうなったほど。『投手で使えば150キロ出る」と本気でキャンプから準備するものの、結局は怪我で断念しました。


スポンサードリンク


 

外野守備は超一流。送球から構え、ポジショニングなどで独自の外野論を確立しました。

「筋トレはジーパンがはいらなくなるからやりません」

「僕がメジャーで通用すれば、誰でもこれると思うので、門を開けてあげたいですね」

「いっぱい塁に出たから疲れました」

などなど名言(迷言?)も多数。野球のみならずその一挙手一投足が注目を浴び、常に話題の絶えない選手でした。

スポンサードリンク

④元◯◯キロ投手という視点から:糸井嘉男

187センチ87キロという恵まれた体から矢をいるようなレーザービーム。元々投手だったことからも抜群の強肩を誇ります。

投手時代は153キロを計測する剛腕の持ち主でしたが、プロ入り後2年間は1軍での登板はありませんでした。打撃センスと俊足・強肩を高田GMに買われ、外野手にコンバートすると、ここから一気に才能が開花しました。ゴールデングラブ賞はこれまで6回受賞しています。

 

息をのむ外野の返球はまさに野球の華

強肩と一口に言っても、個性のある外野手はたくさんいます。

スポンサードリンク


今回はそれぞれの視点で選りすぐりの選手たちを紹介しましたがみなさんはどう思われましたか?

固定ページ:
1

2

記事のシェアありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤隆之神楽坂ウナギ整骨院院長・ブロガー

投稿者プロフィール

東京の神楽坂で整骨院を経営するブロガー・柔道整復師。
開業以来1400日連続更新中のブログ『ウナホネくん日記』で
絶え間なく情報発信に力を入れている。

フランス語を流暢(?)に操り、筋トレをこよなく愛する治療家でもある。
www.unahone.net/diary
歪んだ背骨を整える矯正治療を得意とする。


いいね!して
いち早く記事を読もう!
   ▼
   ▲
G-TIMESベージに[いいね!]しよう!



この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「コンディショニング科学」の観点から研究した結果、体重とスイング速度の関係よりも、除脂肪体重とスイ…
  2. ※書籍「超える技術」からの一部転載です 私が野球を始めたのは8歳からで、小学3年生の時である…
  3. 十六歳で野球で渡米しメジャーリーグを目指してアメリカ各地を転々としていたというサバイバル生…
  4. 本記事はSpotunityコラムからの転載です エリートのスポーツだった日本の野球 日…
  5. 本記事はSpotunityコラムからの転載です  地球儀を回してみると、赤道面より北に地理緯…
ページ上部へ戻る