投稿者プロフィール

井本 佳孝

井本 佳孝

愛知県出身大阪府在住

豊田南高校-三重大学(工学部情報工学科)-関西外国語大学(国際言語学部)

【好きなチーム】
・阪神タイガース
・ニューヨーク・ヤンキース

【好きな選手】
・松井秀喜
・上原浩治
・黒田博樹
・福留孝介
・デレク・ジーター

【好きな監督】
・落合博満
・岡田彰布

【ライター経験】
・『サッカーキング・フリー』原稿執筆
・『サッカーキング・オピニオン』ライター
・無料歌詞検索サイト『Utaten』コラム執筆

井本 佳孝一覧

  • 子供から大人まで楽しめる『ボールパーク』広島・マツダスタジアムの魅力とは?

    黒田、新井の加入もあり収容率3位を記録! 2015年シーズンのプロ野球の観客動員数の収容率でセパが誇る人気球団。巨人、ソフトバンクに次いで3位の数字を記録したのが広島カープです。広島市は人口が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オールスター出場者から2000本安打達成者まで!日本からメジャーに羽ばたいた元NPB助っ人たち

    日本からメジャーへ挑戦する『外国人助っ人』選手 今オフの一番の注目は、日本からアメリカ・メジャーリーグに挑戦することが予想される広島カープの前田健太選手です。広島カープからポスティング・システム…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ゴジラ松井NPO法人設立!『松井55ベースボールファウンデーション』とは?

    日米の選手から一目置かれた存在 現役時代は読売巨人軍、ニューヨーク・ヤンキースという日米を代表する名門チームで主力としてプレーし、2012年に現役を引退した松井秀喜さん。現役時代は『ゴジラ』の愛…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『無安打勝利』から『キャッチャーライナー』まで!?プロ野球史に残る"珍"記録5選

    「こんな記録あったの!?」と驚く珍記録 1934年に日本初のプロ野球チーム、大日本東京日本倶楽部(現在の読売巨人軍)が誕生して以来、81年の歴史を誇る日本プロ野球。この歴史の中で様々な『記録』が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • マエケンメジャー移籍先の有力候補!アリゾナDバックスってどんなチーム?

    ついにメジャー移籍を球団に直訴! 今シーズンオフのアメリカメジャーリーグ(MLB)移籍が有力視されているのが、広島カープのエース『マエケン』こと前田健太選手です。2015年11月24日にはマツダ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「松井がいたからメジャーに来た」黒田博樹が追い続けた『松井秀喜』という背中

    日米193勝の黒田博樹を成長させたある一人の選手 2015年シーズンのプロ野球界において、最も大きなニュースの一つがニューヨークヤンキースから広島カープヘ復帰した黒田博樹選手のニュースでした。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『平成の新怪物』から『日本の主砲』へ!中田翔を育てた3人の指導者たち

    侍ジャパンの打線を牽引!シーズンでも自身初の30発超え 2015年11月8日から台湾と日本を舞台に行われた『世界野球プレミア野球12』。日本代表は準決勝で韓国に敗れたものの、3位決定戦でメキシコ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『トルネード投法』から『ザトペック投法』まで!?歴代の名物投法を集めてみた

    [ad_res_top] 名物投法は様々な工夫から生まれた! プロ野球を見るときに楽しみの一つといえるのが多種多様な投手の投球フォームです。そこで、今回はプロ野球史上に残る『名物投法』を集めてみました。 &nb…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『ガニ股打法』から『振り子打法』まで!?プロ野球の歴代の名物打法を集めてみた

    独特の打撃フォームには深い理由があった!? プロ野球選手の打撃フォームは千差万別あり、それぞれに特徴を持った打法が存在しています。そこで、今回はプロ野球ファンの記憶に残る『名物打法』を集めてみま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 見事な復活!2015年 輝きを取り戻した5選手がスゴイ

    かつての沢村賞・新人王・MVP選手達が復活! 2015年シーズンのプロ野球界で目立ったのが、かつてプロ野球界を支えてきた名選手の復活です! そこで、2015年シーズンに見事復活を遂げた5人…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 最強の少年スラッガー決定戦!! 第一回 ホームラン22本。第二回 ホームラン30本。第三回 ホーム…
  2. ストレートMAX球速も141キロ。なぜ田中投手が勝てるのか注目してみた。 2018年シーズン、東京…
  3. 今後の巨人を支えるであろう4人の若手野手 2018年。ここまで巨人の若手選手たちが台頭しつつありま…
  4. 大会参加費無料!全国47都道府県でエントリー開始 軟式野球リーグG-LEAGUEが「フリープラン2…
  5. 【問題】バッティングをしているのは誰?? ヒント1 子供の頃に憧れていた選手は巨人時…
ページ上部へ戻る